--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-20

「G戦場ヘブンズドア」感想

G戦場ヘヴンズドア 3 (3) G戦場ヘヴンズドア 3 (3)
日本橋 ヨヲコ (2003/09/30)
小学館

この商品の詳細を見る


前回の更新から日本橋ヨヲコに全身はまりまくっており、ヒッキーな俺を遠くの本屋まで走らせてしまったこの作品。
いや走った価値があった。日本橋先生の作品で一番面白いです。
漫画を中心にしてしか生きていけない人たちを描いており、作者いわく「新人でもなくベテランでもない中間にいる時にしか描けない漫画」も納得の内容です。
漫画家が自分達の職業をテーマにして描くって相当難しいものじゃないでしょうか?
戦友である鉄男と町蔵が別々の道を歩いて、最後には手を取り合う。実に王道的な流れであり、打ち切りにならずに綺麗に締めくくってくれまいした。
こういう点では雑誌をIKKIに移したのは正解ですね。月刊で作者の描きたい漫画を優先させてくれる雑誌ですので、ヤンマガ時代より分かりやすく、今までより一般読者を増やしたのでは?
まあIKKI読むのはある程度漫画オタだけだとは思うんですが。
現在連載中の少女ファイトにも関連キャラが出てくるのもいいです。
巻頭にはいつものオサレポエムも健在。
ポエムの通り、少なくとも俺はこの漫画に震えたYO!!

スポンサーサイト
2007-02-11

俺脳内日本橋ヨヲコ祭り

日本橋ヨヲコ先生の作品はもともと好きで古本屋に行っては探し回ってるのですが、この前お近くの古本屋で極東学園天国が1~3巻まで揃っておるという我が近辺にしては珍しいことが起こりましたので気が付いたら買っておりました。
ついでにG戦場ヘヴンズドアが2巻のみ置いてあったんですが、あまりのおもしろさとプラスチック解体高校のキャラである都が立派に漫画家になってるのを見た途端、もう買うしかねえやと思ってまとめ買い。
こーいう別の作品が繋がってるってのは個人的に大好きでして、キャラのその後が見れたりして大満足なわけです。
TYPE-MOONの作品なんかもそうですね。ピンポイントですね。

つーことで中途半端にしか集められなかったので近くの本屋回ったのですが、ないっすね。
極東学園天国は古本屋で買うとして(新刊置いてるとこないだろうし)G戦場ぐらいだったらあると思ったんですが歩いていけるところは全滅でした。ぎゃぼ~。
まあIKKIコミックスが多いとこなんてでかい本屋しかないっすよね。
異常に読みたくて読みたくて仕方ないですが、他の漫画買うときにでもまとめて買おうかと。
てか寒くじゃなくて風が強くて外に出たくない。
ちなみに少女ファイトプラスチック解体高校は持ってます。
バシズムも読みたいなあ・・



2007-02-10

最近の収穫物 小説版

バイトが連休中なのに何もやる気が起こらない。
もうダメだ。いろいろと。
ということで最近の収穫物感想。



島津奔る〈下巻〉 島津奔る〈下巻〉
池宮 彰一郎 (1998/12)
新潮社

この商品の詳細を見る

歴史物も司馬遼太郎ばかり読んでたので、違う視点の作者の作品を読んでみようと実家からパクッてきました。
戦国期の島津を題材にしている作品ってのが珍しく興味をそそられたわけですが、初めのほう、特に上巻が説明が多すぎで、話の途中でフラッシュバックしすぎで大変読みにくくございました。
しかし、初めから朝鮮の役ってのも驚きましたが、司馬作品では(恐らく)取り上げてない島津ということもあって新鮮ではあります。
上巻はたらたらしていてテンポが悪いのですが、関が原の役の描写は見事であります。
光成の武将、島左近が俺脳内武将ランキングを異常な勢いで駆け上りました。
逆に光成はダダ滑りです。元々ランキングに入ってもいませんでしたが。
ちなみに島津勢の武将では豊久が素晴らしく、これぞ若武者といった男っぷりを魅せ付けておりまする。
関が原に島津勢が国抜けして集まってくる場面と関が原からの退却戦はあまりの興奮に一気に読みきりました。
下巻は4時間かからなかったです。
しかし、内容とタイトルがこんなにマッチしてる作品も珍しいです。

DDD 1 DDD 1
奈須 きのこ (2007/01/10)
講談社

この商品の詳細を見る

俺の中で神に近くなりつつあるシナリオライター、奈須きのこの小説。
実に。空の境界以来です。
内容的にはまあ満足できるレベルでした。
らっきょの時よりは遥かに読ませる文章になり、小説として読めるレベルでしたが、やはりこの人の文章は絵と併せて読むことで味が出てくると思うのです。
しかし、言葉を使ったトリックは素晴らしく、中盤からは本当に引き込まれた!
あーいう文章はPCゲームでは無理であり、小説家としての奈須さんの真骨頂だなあと。
とりあえず読んで損はない!はず!

国盗り物語〈第4巻〉織田信長〈後編〉 国盗り物語〈第4巻〉織田信長〈後編〉
司馬 遼太郎 (1971/12)
新潮社
この商品の詳細を見る

司馬作品は大学の図書館に置いてあるので駆り放題です。
図書館から全集を借りてくる変な子になってしまっていますが、タダで読めるって大きいっすよ。
ということで前編が斉藤道三、後編が織田信長に分かれてる司馬作品としては非常に珍しい作品でした。
前編の斉藤道三編は傑作としかいいようがない!
商人から富力と頭を使って美濃一国を切り取るその広大さ!
斉藤道三の見方が一気に変わり、現在俺脳内武将ランキングで2位の座に!!ちなみにさっきの島左近は3位。よく替わります。
後編の織田信長編ですが、これ明智光秀編です。
今までの作品から司馬先生が織田信長をあんまり好いてないことは分かってましたがここまでとは・・・
一応信長と光秀が主役ですが、光秀が話しの七割とってますからね。
でも光秀に感情移入しまくったのは確かです。
それより細川秀孝が好きすぎてたまりません。
てか司馬作品も半分以上読んだ気がしてきました

2007-02-08

30000万HITです!!

なんやらいつのまにかカウンターが30000万超えてました。
いつも見てくれる方もたまたま見に来てくれた方もありがとうございます。去年後半のサボり具合が酷いものでしたので今年は気合入れようと思っています。
あいかわらず方向性が定まらず、俺のノリと気分で書いてるサイトですが、これからもどうぞよろしくお願いします!!!

2007-02-07

パソが重いよ

パソコンが異様に重いなあと思ってたら原因は音楽でした。
現在我がPCにある音楽は約1000曲、重さにして約5GB。
パソコンの総要領の4分の1です。そりゃ重くなるよ・・・
もともとよく分からんソフトだのもう気持ち悪いぐらい入っててリアルに友達に引かれてるパソなのに、調子に乗って音楽取り過ぎるからこういうことになるのよシャビ。
あまりにやることがなく、ダウンロードに情熱が向いてしまったことが原因。
廃人間です。

というわけでハードディスクでも買おうかと。
いや友達が買っててね、なんか160GBもあるんだぜ、と天上界ぐらい上の目線から見られたので。
とにかくそんなに要領あるならやりたい放題なわけで。
このスロウがかかったパソがヘイストで動いてくれるなら正直書いたい!
でもそいつが言うには1万8000円ほどのお値段でしたと。
ほう!それは無理な出費だな畜生!!
てか学生でその金額は厳しいよ!
ついでに靴とか買おうと思ってるのに!てか靴優先なのに!>おい・・・
まあ情報が足りないので集めてから行くつもりです。
本棚も欲しいので出費が続きそうだ・・・
1万8000円は痛いなあ、しかし・・・

2007-02-06

慣れって恐ろしいと思うんだ・・・

テストが終わって一週間ほど経つのになにかと忙しい。
まず俺は一人が大好きの超引きこもり大好きっ子であるのに常に部屋に他人がいる状態が3日ほど続いていました。
我が家はバイト連中の公式溜まり場になっているためなのですが、寝ても起きても誰か居るってのは心労に悪い。
主人がバイトに行くのに部屋には4,5人たむろしてるし、起きたらスーツの人が立ってたり。いや座れよと言ったら起こしたら悪いから立ってたんだと。
いや気遣いすぎだよ。
そんなわけで部屋を我が物顔で蹂躙され、男に合鍵を渡すことに微塵のためらいも無くなったこのごろであります。いやあ、慣れってものは恐ろしいものなんだぜボブ。
てか誕生日プレゼントに合鍵欲しいって何だよ。
それも全員から言われたよ!
田舎は怖い所だよ母さん。


かといって久しぶりに一人になるとやることがなく、何もする気も起こらず、人と喋りたいという末期症状が発動し、またバイト先に行くという世にも不思議な無限ループが発生しております。
しかし漫画だけ異様に積まれてる我が家に来て何が楽しいのだろう?
その割には異様にマニアックな漫画にほとんど手をつけないからな!
世の中理不尽だな!

そしてこのごろうれしかったこと
ほとんど漫画を読まない先輩が日本橋ヨヲコに異常な反応を!
何故だ!?
でもうれしかった畜生!!

2007-02-04

ぷっ・・ぷよぷよ!

テストも無事惨敗で終わり、更新しなくて何してるかといえばぷよぷよしてます。
ぷよぷよしかしてないわけではなく全く更新する気が起こらなかった優柔不断な俺にふさわしい理由が主ですが、ぷよぷよははまりますなあ(文脈がつながってない)。
何か、こうひたすら落ちてくるぷよをひたすら消していくというレトロを感じさせるゲームは素晴らしいです。
リアルの日常を忘れさせる麻薬的なものを与えてくれますな!いやダメだよな!
といっても大して強いわけでもなくバイト先で最下位に格付けされ部屋を荒らされ、ぷよ三昧の廃人間ワールドを展開してるわけです。

そういえば先日WORKING!!の3巻が発売されましたが一週間たってやっと手に入りました!
1,2巻は置いてるのに最新刊だけ置いてない本屋とか同時発売のドラマCDは置いていて最新刊を完全スルーした本屋とか周りの本屋の空気の読まなさが素晴らしいです。
近隣の本屋を駆け回るはめになりました。
作為的なものを感じますけどな。
とりあえず井波さんが可愛すぎる!
とりあえず俺脳内1月期漫画ベスト1はWORKING!!ってことで。

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground