--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-01-31

自分の話のイメージが紫って言われた

バイト先で自分の経験したことを喋ってるとこう言われた。

「なんかシャビさんの話って紫ですよね~。」

なんか話と違うことをたくさん?経験してるからおもしろい、色に例えると紫!みたいな感じということらしいけれど、微妙という意味で紫なんだろうか。

自分のイメージとしては紫って高貴なイメージを持った色なんですけどね。でも紫が微妙とか変わってるとかのイメージを連想させるのは分からないではないです。

まあ恋愛話ばかりしてるとピンクって言われるのは分かるんですが。

最近経験したのは初めて会ったフィリピン人と飲んだり温泉でご老人方に嫌がられたりぐらいなものなんですがこれって珍しいのかな。

自分としては経験したことを脚色含めて分かりやすいように喋ってるだけなんで相手に楽しませてるつもりはあるけれども。てか、こんなこと言われること自体が紫か。ですよね~。

人それぞれ貴重な体験をしてるだろうから自分はそこまで珍しい体験してるとは思わないけれど、人に伝える方法によって思われるイメージが変わるのだろうと思います。






ニコニコでランキング見てたら、くされ戦記の最新作が挙がっててびっくりした。クラナド見ようと思ってたけど問答無用で後回しして視聴してました。
相変わらずの神OPとストーリーで満足です。いや、若干ストーリー忘れかけてたけども。
歴史好きでアイマス好きなら絶対楽しめると思うんでオススメです!

スポンサーサイト
2009-01-30

まあ、それなりに

更新しなきゃ、更新しなきゃとは思うのだがどうも更新する気が起こらない。
書くネタがないとかじゃなくて自分の気力の問題。
ブログを更新することも自分にとっては大切なことでもあるのだが、更新するより先にやらなければならないことがいっぱいある。
そしてそれから逃げようとして、目を逸らしてる自分がいるからたちが悪い。てか情けない。
とりあえず一歩ずつ前に歩いていこうと思う。


という最近の自分を知らない人にとっては訳の分からないどうでもいい独白。
まあ人生いろいろあるわな。






なるべく恒例にしようと企んでる読んだ本の感想です。やることあるけど本はそれなりに読んでる。

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)
(2007/12/04)
西尾 維新

商品詳細を見る


6~12巻。やっと最後まで読むことができて満足。西尾維新作品を読む時に楽しみにしてるのはどれだけ魅力的なキャラが出てくるのかという点なのですが、今回も期待を裏切ってくれませんでした。個人的には主人公の姉の七実が出てくる話の方が楽しめたのですが、最終巻の盛り上がり方には負けますね。最終巻まで読んで良かったと思える出来でした。西尾維新作品が好きな人は読んでて損はないんじゃないでしょうか。

悩む力 (集英社新書 444C)悩む力 (集英社新書 444C)
(2008/05/16)
姜尚中

商品詳細を見る


普段あまり新書には手を出さないのですが、この本は気になったので一気に読みました。マックス・ウェーバーと夏目漱石を比較しながら進行する内容とはタイトルからは全く想像してませんでした。まあ悩むということは全然恥ずかしいことじゃないんだぜ、という本。個人的にとても悩ませられる内容でしたので何回も読んで精読しようと考えてます。

本屋の森のあかり 1 (1) (講談社コミックスキス)本屋の森のあかり 1 (1) (講談社コミックスキス)
(2007/06/13)
磯谷 友紀

商品詳細を見る


1~4巻。出版社やマンガ家自身を題材にした作品は割と目にするけれど、本を売る本屋を題材にした作品はあまり読んだことがないと前から気になってた作品。一つの話ごとに一つの本をテーマにしてストーリーが進んでいく。童話や絵本などが取り上げられるのがおもしろい。本が好きな人なら楽しめる作品だと思う。特に海外の小説や童話が好きな人。巻が進んでいくにあたって取り上げた本とストーリーがマッチしていって感情移入しやすくなった。この作品で取り上げてたグレート・ギャッツビーはちょっと読んでみたい。
グレート・ギャツビー (新潮文庫)グレート・ギャツビー (新潮文庫)
(1989/05)
フィツジェラルド野崎 孝

商品詳細を見る


少女ファイト 5 (5) (イブニングKCDX)少女ファイト 5 (5) (イブニングKCDX)
(2009/01/23)
日本橋 ヨヲコ

商品詳細を見る

日本橋ヨヲコ先生のマンガが出ると自分の中のテンションあがりますわ!今回は志乃メインの大阪編で志乃のトラウマが浮き彫りにされるお話。心理描写が上手いからあまりスポーツマンガとして読んでない自分がいます。いやバレーマンガとして普通におもしろいんですがね。とりあえず時間かけて読んでみるのがいいと思うよ!

世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
(2008/10)
浅野 いにお

商品詳細を見る


最近読んだ中でダントツにおもしろかったです。画像ないけど。
あまりにおもしろすぎて言葉にしにくいけど買ってよかった。相方に読ましたら泣いてました。マンガ読んで泣く人久し振りに見たなあ。
世の中って理不尽なことが多いけど、それでも前に進むことができると思わせてくれる、そんな短編集。特に「素晴らしい世界」はいろいろ心に来るものがありました。
浅野いにお先生の作品は好き嫌い別れそうだけど俺は大好きです。
おやすみぷんぷんもいつか買おう。






更新したくねえと思いつつもこれだけは前から紹介しようと思ってた。
この方のつくる作品はツボにはまりすぎて困ります。

2009-01-21

風邪ひいた事と大分旅行のまとめ

先週の大分旅行は楽しかったのですが、フェリーでの2泊やハードスケジュールなどで体を壊し咽喉からの風邪をひきました。主に咳と熱が酷くて一番酷い時にテストが重なってしまい、バイトを誰にも替わってもらえない(というか替わってもらう訳にはいかない)のでふらふらしながら夜勤してました。ドリンク剤2本飲んで他にも果物系の飲料ばっか飲んでなんとか耐えてました。あんなに長く感じたバイトは久しぶりです。やっと峠は越えて楽になりました。でも今更風邪薬飲み始めるのは何か間違ってると思った。





ここからは簡単に大分旅行をまとめてみようかと。関係者にばれない程度にごまかしながら。
とても狭い層には受けそう。

<1日目>
 大阪南港から船出発。
 飯食って風呂入って暇になったのでゲームコーナーで脱衣麻雀してました。子供のころはやったことがなかったのでどんなものかやってみようかと。相方は必至で麻雀覚えようとしてた。
<2日目>
 朝6時半に別府港に到着。
 いくら待っても迎えに来てくれる相方の友人がいないのでとりあえず歩く。
 合流して友人宅へ。同居人さんたちに挨拶して俺寝る。
 友人さんの大学へ行って授業を外から見学。食堂で昼飯。とりあえず真剣に勉強したいのなら良い大学だと思った。まあ別府の大学と言ってるからには2,3校に絞られてしまうけど学校名は出しません。
 その後温泉へ。明礬地獄に行ってきた。あまりの熱さに地獄の意味が良く理解できた。そして地元のご老人方とのコミュニケーション失敗。俺涙目。
 友人の知り合いたちと飲み会。合計18人ぐらいで全員初対面。中には日本人じゃない方もちらほら。(半分以上は日本人です)英語以外の外国語もちらほら。俺と相方、完全に外様。ちなみに18人中日本人男子2人。お酒飲んでから普通に喋れるようになって楽しかった。最後の2人になるまで酒飲んでた。空明けるまで。あと普通に他人様からお兄ちゃんと呼ばれて混乱した。なんかときめいた。
<3日目>
 朝起きたらみんな帰ってた。相方は海釣りに行ってたので温泉の場所聞いて一人で別府探索。歩ける範囲で。一人で旅するほうが慣れてるのである意味では一番楽しかった。ぶらぶらしてから戻ったら釣った魚を捌いておられた。合計30匹ほど釣ったのだとか。漁師の方と行ったのだといえど女の子3人がそれだけ釣ったというのが驚き。そして船の上で捌いて刺身で食ったというのが驚き。サバイバーだなあ。魚食って荷物まとめてフェリーで帰路へ。

てな感じ。2日目あたりが特にハードできつかったです。相方も予定を知らなかったので次に何が来るか全く分からない予測不能の旅でした。正直3日目なんか俺は何もしてないような気がする。
まあ他大学や外国の人と喋ったり、温泉浸かったりと短いながらも充実した旅でした。なんか3日目あたりから体調崩れたっぽいので魚が当たった可能性を否定できないのが怖いですけれども。

ちなみに今回は写真をほとんど撮らなかったので載せないです。ほんと4枚ぐらいなんで。
別府って温泉ってイメージが強いですが留学生が多いためか国際都市のような雰囲気があっておもしろい町です。またいつかチャンスがあれば行きたいなあ。

2009-01-15

特に更新することがないので九州に行ってきます

部屋の中で息が白いことに最近気づきました。シャビです。
やっぱり炬燵だけだと上半身が寒いです。でも服を重ね着すれば寒さは耐えれますからねえ。
暑さよりは全然ましです。

年始に今年は更新するとかほざいておきながら全然更新する気がなくなってます。
てか書くネタがないので書く気が起こらない。
年末からマンガと小説の事しか書いてないので日記書く気力がなくなってきてる。
という訳でブログのデザイン変えてみました。
前のテンプレートに飽きたのと黒いデザインが見にくかったのです。
自分としてもなんか健全になった気がする。
久し振りに設定いじったので全然分からなかった。ブログやってるんだからもうちょっと勉強しないとなあ。


今日の夜からフェリーで九州は大分県に行ってきます。
別に観光とかではないんですが、ほぼ強制で連行されるだけのことです。
去年の夏も大分行ったしなあ。今回は別府か湯布院のどちらかには行きたいなあ。多分無理だけど。






とりあえず読んだ本だけ紹介。

刀語 第四話 薄刀・針 (講談社BOX)刀語 第四話 薄刀・針 (講談社BOX)
(2007/04/03)
西尾 維新

商品詳細を見る


4巻と5巻読みました。今まで読んだ中では4巻がダントツでおもしろかったです。
主人公一行が日本最強の剣士と闘うというのにそれをほっといて姉の戦いを進めるという予想外の展開は西尾維新らしくて良かったです。
なんかそこまで良い評価聞いてなかったけど俺的には楽しく読めてます刀語。

2009-01-08

今年に入ってからマンガの記事しか書いてませんな

髪が長くなりすぎていたので久しぶりに美容院行ったら顔見た瞬間に笑われた。
あの美容院の人たちにとって俺の話(というか性格?)はツボらしいんですが、常時3人態勢で会話するのはどうなんだろう。仕事してください。
まあ話してて楽しいのでいいんですが。


んで久しぶりにマンガ喫茶でまとめ読みしたので少し紹介。
記事の意味は何読んだか記録したいだけ。ただそれだけ。

駅から5分 1 (1) (クイーンズコミックス)駅から5分 1 (1) (クイーンズコミックス)
(2007/11/19)
くらもち ふさこ

商品詳細を見る


1~2巻。まあこのマンガがすごい!2009で紹介されてて興味持ったから。
くらもちふさこは相方が好きだけど自分は全く読んだ事ないから新鮮だった。
個人的には狭い町の中の人間関係の交差がおもしろかったけど、好き嫌いは分かれそうだと思う。

ちはやふる 3 (3) (Be・Loveコミックス)ちはやふる 3 (3) (Be・Loveコミックス)
(2008/12/12)
末次 由紀

商品詳細を見る


この作品も去年はまったので。いろんなスポーツに青春かけてる高校生たちがいるように競技かるたに青春をかけてる高校生たちもいるわけです。こういうマイナーなスポーツを題材にしたマンガが切っ掛けとなって競技人口も増えていくのだろうな。1月13日の近江神宮で開かれる全国大会は行く気マンマンです。忘れてない限り。
追記:1月13日ではなく1月10日・11日に行われるそうです。ご指摘ありがとうございました。

愛がなくても喰ってゆけます。愛がなくても喰ってゆけます。
(2005/04/16)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


よしながふみ先生のエッセイマンガって初めて読みましたがおもしろかったです。マンガ家の日常とグルメをたんたんと描いております。家の中ではまさにマンガ家!て感じで描かれてるのに外に食事しに行く時は化粧して美人に描かれているのはちょっとツボだった。これは自分の買うマンガ候補に入りますわ。

それを言ったらおしまいよ (F×comics)それを言ったらおしまいよ (F×comics)
(2004/01/24)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


上記と同じくよしながふみ先生の作品。内容はよしなが先生の得意分野であるゲイの方々を扱ってたんですが他のゲイ作品より表現が際どかったので出版社見てみたら太田出版だったので納得した。エロティクス・Fかあ。でもおもしろかったからいいや。

ちょっと江戸まで 1 (1) (花とゆめCOMICS)ちょっと江戸まで 1 (1) (花とゆめCOMICS)
(2009/01/05)
津田 雅美

商品詳細を見る


画像がないのは出たばからだからです。彼氏彼女の事情の津田雅美先生の最新作。まさか時代劇を持ってくるとは思わなかった。いやどっちかというと架空時代劇みたいな。個人的に大好きな作風なので次からも期待してます。津田作品読んでない人には
eensy-weensyモンスター 1 (1) (花とゆめCOMICS)eensy-weensyモンスター 1 (1) (花とゆめCOMICS)
(2007/07/05)
津田 雅美

商品詳細を見る
をお勧めします。

高校デビュー 11 (11) (マーガレットコミックス)高校デビュー 11 (11) (マーガレットコミックス)
(2008/04/25)
河原 和音

商品詳細を見る


1~13巻(全巻)一気に読みました。別冊マーガレットで最後の方だけ読んでたんですが話がわからなかったので。やっぱりおもしろいなあ。ういういしいなあ。主人公がひたすらポジティブでかわいいです。そしてヨウ(彼氏)の妹がひたすら黒い。

キス&ネバークライ 5 (5) (講談社コミックスキス)キス&ネバークライ 5 (5) (講談社コミックスキス)
(2008/12/12)
小川 彌生

商品詳細を見る


1~5巻。前に書評読んでおもしろそうだと思ってたので。実際にフィギュア・スケートは見るの好きなんでルールもある程度分かってるし理解しやすかった。でも主人公の過去にあんまり感情移入できなかった。次は同じ作者のきみはペットも読んでみたいです。

鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
(2008/11/28)
武富 健治

商品詳細を見る


このマンガに出てくる中学生って鈴木先生によってどんどん鍛えられていってるイメージがある。先生のできちゃった結婚についてあんなに討論する中学生っていないぜ多分。久し振りに読んだらとてもおもしろかった。問題が加速していって鈴木先生が苦しめられていくのを楽しむのも一つ。

らき ☆ すた (6) (角川コミックス)らき ☆ すた (6) (角川コミックス)
(2008/09/10)
美水 かがみ

商品詳細を見る


後輩がなかなか最新刊を買ってくれないので。ブックオフに出回るのを待つんじゃありません!
どちらかというとアニメのほうが好きなのですが、ずいぶんと絵がうまくなったと思った。

ひだまりスケッチ (4) (まんがタイムKRコミックス)ひだまりスケッチ (4) (まんがタイムKRコミックス)
(2008/12/25)
蒼樹 うめ

商品詳細を見る


上記に同じく。後輩がs・・・。4コママンガではらき☆すたよりこっちの方が好みです。

喰霊 (1) (カドカワコミックスAエース)喰霊 (1) (カドカワコミックスAエース)
(2006/05/24)
瀬川 はじめ

商品詳細を見る


1~2巻。確か昔読んだはずではあるんですが、アニメがかなりおもしろかったので読み返したくなった。でも何か別物だなあ。昔読んだ時と印象が大分変ったのはアニメ効果だと思われ。

ふたつのスピカ 14 (14) (MFコミックス フラッパーシリーズ)ふたつのスピカ 14 (14) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2008/03/22)
柳沼 行

商品詳細を見る


7~14巻。やっと最新刊まで追いついた。半年以上前に読んだから話を忘れかけていたわ。プラネテスやMOONLIGHT MAILEのような宇宙物も好きだけどこういうほんわかした絵柄の宇宙物も大好きです。中身はかなりシビアな話ですし。結構真剣に買おうと考えてる。

多分これだけかな。7時間で37冊なら結構読んだ方なんでしょうか。
基本的にマンガ喫茶では普段読めない少女マンガばかり読んでます。
とりあえずよしながふみ先生の作品は全部押さえておきたいなあ。

2009-01-06

年明けだから本の感想書いたよ!

なんか忘れそうだから年始年末に読んだ本の感想。
あんまレビュー書かないけど3倍ぐらいは読んでたりはする。


流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


ドラマでプッシュ、本屋の店頭でプッシュ、アマゾンでプッシュで久々に東野圭吾おもしろいの書いたかと思いwktkしながら読んだらそこまででもなかった。東野圭吾は本当に当たり外れが激しいです。
作品のプロットみたらおもしろそうなのに内容付け加えたらあんまりという印象。でもドラマにしたらわかりやすくておもしろそうですね。いやおもしろかったのかどうか知らないけど。まあ戸田さんはかわいいですよね。めっさ個人的意見としてはハッピーエンドじゃないほうがよかったんじゃないかい。


刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)
(2007/01/10)
西尾 維新

商品詳細を見る


西尾維新好きの後輩から全巻借りたのでとりあえず3巻まで読了しました。
戯言シリーズに比べると西尾維新らしさが薄いと感じましたけど12か月連続発刊だったのでしょうがないかなあと。でも西尾維新のキャラ造りは素晴らしいです。みごとな変態ばかりです。(褒め言葉です。)

センゴク 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)センゴク 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
(2004/11/05)
宮下 英樹

商品詳細を見る


正月の自分へのプレゼントがこれだよ!!全巻大人買いしました。当方今年で22です。
なんか古本屋行ってこの作品見つけたら三方ヶ原の戦い編を非常に読み返したくなりましてね。
それでビニールかかってて読めないからいつのまにか全巻持ってレジに並んでた。後悔は全くない。
外伝と天正記(続編)まで手を出さなかった自分は偉いと思う。きもいです。
3巻の金ヶ崎辺りからがおもしろくなってくると思います。仙石秀久なんて武将は歴史オタじゃないと知らないと思うのでこの作品を読んで知ってほしいですね。豊臣秀吉の配下で一番早く大名になった人です。まあ俺は戸次川の戦いのせいであんまり好きじゃないんですけどね。この作品もそこまで連載続くかなあ。マイナーな武将がたくさん活躍するという意味では好き過ぎる作品です。

2009-01-05

あけましておめでとうございます!!

年明けは実家で父と日本酒飲みながら紅白見てました。
なんか今年は年明けという気がしなかったですね。
すぐに初詣に行ったわけでもなく酒飲んでた思い出しかありません。
一日のみ分刻みのスケジュール(親戚包囲網)だったのでリア充並みの忙しさでしたが、要約すると酒です。日本酒です。
てか一人暮らしのマンションより実家の方がきびきび動いた自分が驚きですわ。
マンションだと起きる→パソコンスイッチオン→ニコニコってのが鉄板なのに実家ではパソコンに一回も触れなかったわ。実家に帰ると人間としてはまともになることがようやくわかった。
まあ帰ったら元通りなんで学習してないです。

それにしても鷺宮神社のニュース見てあれが自分の行った神社じゃなくてよかったと心から思った。
初日からあれは強烈だわ。
日本は今年も平和だわ。

とりあえず今年の目標はブログの更新です。去年よりも!去年は俺にとって黒歴史だわ。

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground