--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-18

「世に棲む日日」感想

風邪曳いたついでに一気に読む事ができました。

舞台は幕末の長州藩。

長州が攘夷から開国になっていったかの話が大体の流れです。

主人公は前半は吉田松蔭、後半は高杉晋作です。

司馬遼太郎が吉田松蔭を嫌ってたみたいでどちらかというと高杉晋作よりの話です。

異常に「これは私事だが」といって話が変わったり、違う人の話に変わる事が多い作品でした。

面白いのは長州藩の体質。            藩の老人たちが若い人に甘い為に志士たちの暴走を止める事ができなかったというエピソードは印象的でした。                      これは他の藩には全くない特徴だと思います。

また、長州藩内の内紛が細かく書いてあり、長州の中の政治の移り変わりがよく分かります。

前後の主人公の性格が対比していて、作品が変わったように感じても松蔭の意志が晋作や松下村塾の塾生たちに受け継がれているのは印象的です。

クライマックスに入る辺りにピークが来る作品でした。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/109-c7f54035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground