--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-02-27

幻水Ⅴの感想でもやってみよう日記③

書く気がある今のうちってことで一気に書いてますよ。

今回は全然面白くないこと必死です。

いつもおもしろくないけどな。

もう眠いつーのなんつーのって。

とりあえずジャンプ買ってこないと。

あと糖分が足りません。

てか栄養素全体が足りません。

今朝の食事は食パン一枚。


あ、今回も適当に箇条書きなんでそこんとこYOROSIKI。

なんだこのテンション・・・


黒色野蛮人が逃げた。本拠地まで一緒にいたらいいものを。

●モホカンキャラ登場。出てきたときこいつ絶対戦闘で使わねえとか思ってたら戦争のときめっちゃ役に立った。

●とりあえずレインフォールの豚腹バロウズのとこに匿われる。

●レインフォールめっちゃ見づらい。

娘と遺伝子的にありえない。

●倉庫番のチャックがシグルイの蝉丸とイメージぴったし。

●今回の戦争システムは個人的にやりづらい。マス目で動かすタイプがいいなあ。

●漂流民族を仲間にしようとして船を貸してやるとか言われたけどバロウズの野郎の許可とかいると思って意味もなく何度も往復。

●ロードレイクで完全に拒否られる。

うざい餓鬼トーマが憑いてくる。

このころ主人公が最も使えないことが判明。●攻撃が当たらないこと限りなし。

●ドワーフの洞窟を通って囚人脱獄計画。

●助けた郡市ルクレティアの喋り方はデスノートのLを意識してるっぽい。

●とりあえず3の赤毛よりましそう。

●看守が一緒に逃げるってどうよ?

●シウスきもい。

●姫君、太陽の紋章がつけられないこと判明。なんか条件があるんだろうなあ。

●ジーンがここまで話の本筋に関わってくるのも珍しい。

●対ディノバ戦から二年前の真相まではかなりおもしろかった。

●まさか主人公が黎明の紋章をつけるとは。太陽をつけると思ってたし。

●黄昏の紋章はギゼルがつけるんかな。

●真の紋章つけるの遅かったな今回。基本的に最初のほうにつけるのに。3よりは早いけど。

ビーバー族の戦闘のときのスピードに萌える。

●今回の5匹はビーバーだな。

●シンダル遺跡でローレライ登場。若いなあ。鞭だし。こいつしょっちゅう武器が変わること。

●ツヴォイク使え無すぎだ。

●今回初めての難関、シンダル遺跡。別に謎解きとか全然難しくないのに敵の防御力がそこらの敵の3倍近くあったせいで大苦戦。原因はコガン(主人公)と憑き人(リオン)意外ほとんど武器レベル上げてないせい。おかげで左のほうの仕掛け終わらしてから町まで戻る羽目に。久しぶりに屈辱を味わった。

●てかシンダル遺跡がそのまんま本拠地になるかと思ったら池から出て気やがった。1にクリソツ。

●ロードレイク解放は結構感動した。普通に。

あとトーマはツンデレだと思う。

●やっと仲間集めできると思ったら芸術村の変態おばさんしか仲間にならなかった。

●アイアンハンマー渡したら仲間になるのは定石だろう。ありえない。

●ドワーフのじじい仲間にするつもりで監獄の地下道行ったらストームフィストの地下道じじいが出てきた。てかサポートキャラかよ。ついでに監獄まで行ったら地図職人ゲット。あの街の位置しかでない地図には飽き飽きしていたんだ。やっほい。てか眠い。

●更についでにキリィ解放で仲間入りかと思われたけど素無視。恩を仇で返される。

●温泉村でバルクートとマリィ発見。猛烈アタックにより仲間入り。バルクート、レベル39かよ。45ぐらいまでいっとけよ。

●ビーバーに放置プレイさせられ中。

●料理人仲間にしたい。

●交易商のじじいに塩の値段でからかわれる。毎回交易キャラの条件はきついから大嫌い。

●あんなに自信満々なギゼルが裏手に出まくり。どう召集つけるんだろ。

●三つの中洲がある街の戦争はやりずらかった。船があるの知らなかった。

●ザバークの悪役ぶりはいいけど雑魚キャラくさいのがもっといい。あれ108星入ってるんかな。

●国境のほうの町で王子の偽者山賊らしい。ここで眠気到来。打ち切り。

結構ストーリー通りに描いてみましたよ。

それでも結構忘れてるな。

突っ込みどころがまだまだあったはずなのに。

次回「童夢の「国民的行事ぃ!!」に同感を覚えた日本人はいない」をお楽しみください。

てかもう疲れた・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/117-fca31e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground