--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-11

BLOOD+22話「動物園」感想

また過去編だな。ロシア以来の展開。

ハジが子供で登場。

てか人間だったんだな。初めから翼手だと思ってた。

売られてきたとかリアルだな。昔っぽいけど。

あんなに活発な子供が何で大人になると無口になるんだ?

今に比べるとよく喋るけど。

小夜はロングだし。

自分が翼手であるとか全く分かってない模様。

人間の感情なんかも良く分からないっぽい。

今の小夜のほうが確かに人間らしいな。

自分が何で血を飲んでるのかも分かってないのか。

血を飲む治療って・・・

ジョエルが生命がどうたら言ってるからこのおっさんが小夜を作ったんかな。

動物園ってのは要するに小夜の飼育実験場?

それにしてもジョエル腹黒そうだ。

ハジが花取ろうとして崖から落ちたけど普通頼まないだろ、あんなところにあるのに。

むしろ意図的に感じますよ。

その後口移しで小夜の血を移してハジ危篤状態。

やばいよ・・・これが6時台は問題だよ・・・

体ぶるぶるいっちゃってんじゃん。

でも小夜の血を飲んでハジがシュバリエになったんだったら他のシュバリエもそうなのか?

シュバリエは人間ベース?でもアンシェルがもういるみたいだしどうなんだろうなあ。

屋敷に火をつけて人間を襲ったのはディーバだな。

そのときジョエル死亡。

それでディーバ側にアンシェルがついていった。

前回出てきたワイン作ってるおっさんの先祖が見たのはディーバだったのか。

次回「ふたりのシュバリエ」
ハジとソロモンですかね。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/133-48c9fee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BLOOD+ Episode-22「動物園」

今日は家に私1人。家族みーんなお泊りでございます。1人は確かに寂しいときもあるけど、誰にも邪魔されずにBLOOD+が見れるという利点もあります(笑)さてさて今回も乱文感想いきま

BLOOD+ 第22話「動物園」

扉開けたら、記憶の扉も開放かよ。まー、過去に何回もフラッシュバックしていたため、記憶が蘇りやすい状況にあり、アイデンティティの礎ともいえる地を訪れたので、記憶の復元が簡単だったということでしょうか。動物園という呼称は、金持ちで、動物を多く飼っていたことか

BLOOD+第22話「動物園」:血の口移し

今回は小夜の過去の話がメイン。髪が長い小夜もいいな。性格もツンツンしていて新鮮だし。昔のハジは今よりも感情を表に出す人だった。まあ子供だから当然と言えば当然だが、

  • | 2006-03-11 |
  • 知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ
  • △ Page Top

動物園

Episode-22:動物園始まりの場所「動物園」に辿り着いた小夜とハジ。草は伸び放題、外壁の一部だけが残る屋敷跡。其処で小夜の脳裏に、ハジとの出会い、「動物園」の創設者ジョエルの誕生日にハジの身に起こった出来事、そして燃え上がる屋敷の光景等過去の記憶が

TBS「BLOOD+(ブラッドプラス)」第22話:動物園

前話でのシフとの死闘とは打って変わり、動から静へと一転。小夜が幼き日のハジと出会いを慈しみながら回想する、昔話のようなエピソードでした。

(アニメ感想) BLOOD+ 第21話 「動物園」

BLOOD+ Vol.4/アニメ小夜にとって全ての始まりの場所・・・動物園。荒れ果てた屋敷跡を目の前にして少しずつ記憶が戻り始める小夜。ハジと初めて出会ったのもこの噴水の前だった・・・。

  • | 2006-03-12 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
  • △ Page Top

動物園

萌えすぎて言葉にならないよ!

BLOOD+ #22 動物園 はヤバいっすよ

『だから私は、あなたの傍にいる事ができるのです』どう見ても(私が)風邪気味です。本当にありがとうございました。あらすじ動物園と呼ばれる場所に辿り着いたサヤたち。一方赤い盾本部で隔離されていたカイたちは無事開放。小夜がポイントオリジンに居ることがわかる。ポイ

  • | 2006-03-12 |
  • シュールストレンミングとかヤバいっすよ
  • △ Page Top

BLOOD+「episode22 動物園」

今日はハジ祭りだよん!チェケラッ!!(*'-^*)ρミ☆ジョエルの時計に刻んである絵柄って、シャトーデュエルですね。ということは、「動物園」=シャトーデュエル、そして、「サヤの

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground