--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-03-20

エウレカセブン47話「アクエリペンス4」感想

ああ今回ね、今回もまたわかりにくい回でしたね。

アクエリペンスの回は全部謎解き系な話ですもんね。

一回見ただけで理解できるかっての!

んで二回見ました。


地下(地球)で失踪した姉を見つけて走りだすレントン。

走るたびに遠のいていくから姉は幻影でたどり着けないと思ったよ。

指令クラスターにワープして入るレントンたち。

レントンたちには図書館のように見えるということは実際には岩っぽいところにエウレカの腕みたいな緑色のスライムみたいなんがたくさんいるんでしょうか。

「俺、コーラリアンの女の子好きになっちゃったんだ。」

いやダイアンはエウレカのこと知ってるからいまさらカミングアウトしなくてもいいじゃん。

姉に何をのろけているのか。



要するに1万年前にスカブコーラルが地球にやってきて地球の生物をどんどん融合していった。

融合することでしかコミュニケーションを図れないスカブコーラルは先住民である人間にとって脅威になってしまう。

とうとう人間は地球を捨てて宇宙に逃げてしまう。

しかし、地球で融合することができなくなったスカブコーラルは孤独の寂しさを感じ、その後地球に人間が戻ってきたとき共存し、対話をしたかった。

しかし、人間との対話が可能なのか、人間と共存するのが可能なのか、その可能性を知るためにサクヤとエウレカが生みだされた。


融合することでしか自分を表わすことができないスカブコーラルの悲しさ。

人間と共存し、対話したいスカブコーラル。

今までよく分からなかったスカブコーラルがどういう生物なのかやっと描かれましたね。



指令クラスターが攻撃されることにより、冬眠中のスカブコーラルがみんな起き、クダンの限界を起こす。

これにより宇宙に割れ目が生じ地球が消滅?する。

生き残るためにはスカブコーラルと人間が融合するしかない。

次元が違う宇宙が存在することも確認されている、と。


難しいです。クダンの限界とか全くわけわかりません。

とりあえず攻撃を止めなきゃダメってことですね。

それにしても地球を捨てた人間たちは数千年の間どうやって生きてたんでしょうね。

地球の代わりになる惑星を見つけなければ生きていけないと思うんですが。



一方エウレカ。

「この本を届けなきゃ。」子供たちをほうっといてうれしそうに階段を駆け上ります。

エウレカも自分の故郷に戻ってうれしいのか半狂乱ぎみです。

で話しているのはアドロック。あんなハートマークだらけのモロ思春期女子のノートをアドロックに渡したのでしょうか。

結局本はスルーされて触れられてもいませんね。



餓鬼3人。こいつらの役目は泣くことなのは分かってるけど、本当に泣くしかしないなあ。

モーリスのみ成長を描かれてるけど下二人は水分消費しかしてないよ。



レントンとエウレカは再会するたびに抱きつきまくってますな。

なんか慣れてしまってこしょばくもなくなってきたよ。もう勝手にやってくれ。



レントンと父親アドロックとの再会。

アドロックは一度も喋ることがなく聞き手に回っている。

レントンが今まで偉大な父親に反発してきて、今回父親を乗り超えたんだろうか。

父親の呪縛から解かれたってことなのかもしれない。



地上に行って攻撃を止めると割と簡単に言うレントンとエウレカに軽くOKサインを出したスカブコーラル。

「方法は?」
「ニルバーシュに乗って!!」

ニルバーシュによる軍の一方的な虐殺。

革命には戦わなければならないのは当然ですが、行われるのはただ一方的な虐殺。

数とか関係ありません。彼らは主人公ですから。



「私たちはずっと一緒にいるわ。」

それを聞いて魂魄ドライブを見ようとするレントン、しかしエウレカは手でそれを隠す。

これは魂魄ドライブとか父親の遺品とかじゃなくてこの星に一緒にいるってことを言いたかったんじゃないでしょうか。



あと指令クラスターを図書館にしたのは個人的には良かったです。

スカブコーラルの脳でありその本の一つ一つが知識、スカブの記憶、歴史なわけです。

そういう場所を描くために図書館にしたのはいい選択だなと思いました。


次回「バレエ・メカニック」

俊足の名を持つものってアネモネか?

今までそんなこと言われたっけ?

とりあえずオラトリオNo.8のレーザー?をニルバーシュがセル戦の悟飯のように跳ね返すことを期待します。

あと今回真面目に書きすぎたんで次回からは今までどおり適当にいきます。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/147-3efd1438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

交響詩篇 第47波◇ダイアン「信じていれば必ず会える。」

是非に及ばず。無念なり。

  • | 2006-03-20 |
  • Fere libenter homines id quod volunt credunt
  • △ Page Top

交響詩篇エウレカセブン 第47話「アクペリエンス・4」

ニルバーシュが砂浜に着陸したら、レントンの記憶にある人影が・・・。やはりダイアンその人でした。ここは別にどんでん返しなどいりませんね。駆け寄るレントン。しかしなぜかダイアンに近づけないような感覚に陥り、ふと我に返ると、図書館の中に・・・・。これは、ずっと

47話 アクペリエンス・4

四度目のアクペリエンス。どうなることかと思いましたが、えらいことになっちゃいました。交響詩篇エウレカセブン 第47話 アクペリエンス4。結論から言うと、レントンたちの世界=地球ということ・・・。初め、ダイアンの説明でさっぱりだったんですが、デューイのおか

エウレカセブン EPISODE NO.47 アクペリエンス・4

スカブコーラルとは何なのか その答えがダイアンによって明かされる。 二人の出した答え、決意、そして始まる攻撃 いざ、旅立ちの時

エウレカセブン 第47話 アクペリエンス・4

「・・・お姉ちゃん!」ニルヴァーシュから飛び降り、ダイアンに駆け寄るレントン。次の瞬間、周りはなぜか図書館に。「図書館に見せているのは、あなたたちにスカブコーラル

交響詩篇 エウレカセブン 第47話

一万年前。

「交響詩篇エウレカセブン」第47話

第47話「アクペリエンス・4」アクペリエンス・フォ~~ッ!!!レントンたちがやって来た根っこ状の場所には、ダイアンがいた。「行かないで!」というエウレカの叫びも無視し

交響詩篇エウレカセブン 第47話 「アクペリエンス・4」

高密度な情報が詰め込まれた回。レントンとダイアン、果ては父・アドロックまでが登場して、“これまで”と“これから”の世界観が一気に語られましたね。エピソード全体の雰囲気も良かったです。ひたすら会話主体で進んでいくそのスタイルも、内面の掘り下げを重視する「

交響詩篇エウレカセブン第47話『アクペリエンス・4』感想☆

 お姉ちゃんの前では、やっぱり鼻垂れレントンでした(笑)。 ダイアンとアドロックに会えて良かったね、レントン(^^*)☆□あれは絶望病の患者達か?~司令クラスターに居る人々~ 皆本を読んでましたね…。 ダイアンの言っていた事からすると、人々が絶望病になっ

  • | 2006-03-20 |
  • 『ラスト・ワールド』(奥の寄り道☆)
  • △ Page Top

アクペリエンス・4

提供の絵はダイアンとアネモネ&ジ・エンド。アネモネの方は涙を流している絵でした。話の内容と次回予告を見た後だとなんとも言えないです…。ああもう本気でアネモネが心配でな

エウレカセブン 第47話 「アクペリエンス・4」

交響詩篇エウレカセブン第47話絵も復活してきたし、キレイに回収していると思うし、いよいよと言う感じでグイグイ盛り上がってまいりましたよ。知識を皆で共有すると言う事はシステムとしては万全であるかもしれないけど、感情を持つ生命体にとって不幸な能力であるように思

交響詩篇エウレカセブン 第47話 『アクペリエンス・4』

~アニメ 交響詩篇エウレカセブン 第47話 『アクペリエンス・4』 について~【 ダイアン と レントン ~スカブコーラルの真実~ 】無事に行方不明だった実の姉であるダイアンとレントンは再会することが出来た。しかし、その再会場所は?エウレカの本当の家で...

交響詩篇エウレカセブン 第47話「アクペリエンス・4」 感想

今週もがっつり。以下感想。

交響詩篇エウレカセブン(47)

英雄アドロックは目でモノを語る無口なダンディでした。

交響詩篇エウレカセブン「アクペリエンス・4」雑記

【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんうえれかせぶん』】お姉ちゃんはナビゲーター侵略者は対話好き逃げ出したのはヒトだったカウントダウン前に1つになろう愛があればLove is ok!お兄ちゃんはぽちっとなういうい、んでは「交響詩篇エウレカセブン...

  • | 2006-03-21 |
  • ここには全てがあり、おそらく何もない
  • △ Page Top

交響詩篇 エウレカセブン 第47話「アクペリエンス・4」感想

ついに語られた1万年前から現在に至るまでの経緯、人類とスカブコーラルの関係性、そしてスカブコーラルが抱えていた『百年の孤独』ならぬ「1万年の孤独」。まだスカブコーラルの本当の正体自体は語られてはいないのですが、ひょっとするとこのまま語られないかもしれない

交響詩篇エウレカセブン (Episode.47 アクペリエンス・4)

今回のスポンサークレジット、OPは見慣れた後姿のダイアン。 じゃあEDはアドロック? と思ってたらアネモネでした。そのアネモネはOP同様泣いてました。 次回はOPでの泣きながら戦う姿が見られそうな予感...。 今回出番のなかったドミニクにはとにかく頑張ってもらわねば...

  • | 2006-03-21 |
  • ハリネズミのちょびっとMemo
  • △ Page Top

交響詩篇エウレカセブン 第47話

サブタイトル「アクペリエンス・4」  ついにレントンはダイアンと再会する。  彼女から出された提案に、驚くレントンは...  交響詩篇エウレカセブン  以下詳細  ***********

  • | 2006-03-21 |
  • オヤジもハマる☆現代アニメ
  • △ Page Top
Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground