--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-02

エウレカセブン最終話「星に願いを」感想

「私には大切なものがある。

リンク、メーテル、モーリス、そしてレントン

みんな大好き。愛してる。

私の大切なもの、私のかぞく。

何も無かった私にいろんな教えてくれた。

何も無かった私を全部受け入れてくれた。

私を私でいさせてくれる。

私が大好き。そして一番守りたいもの。

リンクと一緒にいたい。

メーテルと一緒にいたい。

モーリスと一緒にいたい。

そしてレントンと・・・

だけど、そう願うことで私の大切なものが失われてしまうなら、

そう願うことでみんなの住む星がなくなるのなら、

私は願うのをやめよう。

けれど許されるのなら、もう一度みんなに会いたい。

会いたい、会いたいよ。レントン・・・」


OPを無くしてエウレカのつぶやきから始まりました最終回。

エウレカが自分の大切なものを守りたいために(てか強制的ですが)
指令クラスターになったことを言ってますね。

切ない・・・

まあ強制的とはいえ一瞬で考え方を変えるのはどうかと思いましたが

エウレカがいる指令クラスターが手みたいになってますが、「サザンアイズ」の鬼眼王の復活場面みたいでした。

マニアックで申し訳ない。



ゲッコー号はスーパーイズモ号から燃料補給。

ユーゲンスはデューイの子供たちを捕まえて保護したらしい。

彼らはワルシャワの難民キャンプで拾われた民族浄化の被害者だそうです。

ユーゲンスは彼らを引き取ると言う。

渋いなあ、最後まで魅せるなあユーゲンス。

それにしてもあの子供たちは少年だったんだなあ。

少女だと思っていた。


ドミニクとアネモネがゲッコー号に到着。

エウレカとアネモネの首輪はデューイの心配機能と連結していて、デューイはすぐにクダンの限界が起こらないことを予測し、タイプ0とジ・エンドに乗る彼女らにその首輪を着けさせた。

デューイに何かあったときには彼女たちが第二の指令クラスターになるように首輪の中に自壊装置を付けて。

エウレカが指令クラスターのような樹になったのもそのせいで、すぐにクダンの限界が起こらなかったのはエウレカが指令クラスターになるのを拒んでいるからと。

う~ん、ちょっと後付けっぽいです。

書いてるこっちもよくわかってないです。


最終話にして服装チェンジですかレントン。

途中で変えてもよかったのに何故今頃・・・

レントンと子供たちはゲッコー号の機能を使ってエウレカに呼びかけ続けることに。

魂魄ドライブの表示がEUREKAからエウレカのカタカナに変わりました。

指令クラスターの核がエウレカになったからなんでしょうか?

ゲッコー号はエウレカの元に向かうことに。

見送るドミニク、アネモネ、ユーゲンスとスーパーイズモ号の皆様。

アネモネ性格変わりすぎです。

ドミニクと勝手にイチャつけばいいんですがあの薬みたいなのを摂取できないで大丈夫なんでしょうか?

まあドミニクがいるからとか言って解決しそうですが・・・

髪まとめてるほうが異常にかわいいですが。


エウレカのところまで最短コースで6時間。

しかし、目の前に抗体コーラリアンが大量に発生して、行く手を阻みます。

それを見たレントンはニルヴァーシュの魂魄ドライブならエウレカに聞こえるかもしれないと思い、モーリスに何かを渡してニルヴァーシュの元に行きます。

モーリスからもエウレカのヘアピンを渡してました。

ニルヴァーシュに乗り込んで心境を語るレントン。

「こんな結末は嫌だ、エウレカが必要なんだ」

こんな思いにニルヴァーシュが答えました。

ジ・エンドに続いて二回目です。

変身しやがりました!!

もう最終回ですので非難するのは嫌なんですが

かっこ悪いです!

ごめんなさい、白いあーいうの見るとエヴァ量産型しか思い出せません。

コクピットはジ・エンドに近いみたいで普通に立って操縦するみたいです。

てかレントンの動きと連動してるみたいです。

それにしてもニルヴァーシュの原型がないな・・・

戸惑うホランドに対して理解が早いモーリス。

そんなに信頼関係が生まれてたのか。

モーリスがとうとう「パパ」と言いました。

これで本当に認められたんですね。

周りの雑魚コーラリアンをセブンスウェル現象っぽいので一蹴してエウレカの元に向かいます。

そんなレントンを見てカメラマン(名前忘れた)が「あいつはフレームに納まりきる奴じゃなかったよ。」と。

そうか!?初めのほうはボロカスに言われてる気がしたが。

ここでレントンがモーリスに渡した手紙がちょろっと見えました。

どうやらアドロックの手紙だったようですね。その後ろに何かの請求書も見えました。

とりあえず息子を送り出す心境なようです。



指令クラスターの核に特攻する新ニルヴァーシュ。

その頭の中には彼のエウレカ思い出アルバムが走馬灯のように駆け巡ります。

もはや違うアニメにしか見えません。

核を突き破り、花畑の中にエウレカが。

上空には地球がありますね。

「君を一人ぼっちにさせない」と「自分も一緒に指令クラスターになる」とプロポーズ気味に話してキス。

そしたらニルバーシュが核を割ってそこから光線?が射出。

月に突き当たってました。

魂魄ドライブの表示もハートマークの中にレントンとエウレカの名前があるという表示に。

こっぱずかしいな、これ・・・

ニルヴァーシュが二人を外に放りだします。(花畑もニルヴァーシュの中だったようです。)

突如喋りだすニルヴァーシュ。

どうやらニルヴァーシュは女性だったようです。

女声でした。

ニルバーシュが言うには「あなたたちの思いが伝わったから悟りを開ける。この星で生きてみんなの道しるべになれ。もし、この先二つが一つになれるなら私たちはこの星に戻ってきます。」

二つが一つになるっていうのはヒトとコーラリアンの共存ですかね。

そして半数のコーラリアンを連れて別宇宙に旅立ちました。

それを聞いてレントンとエウレカはいちゃいちゃしながら地球に墜落していきました。

ここで009のような会話があったらある意味最高でした。無茶苦茶ですが・・・

ゲッコー側ではゴン爺がこれはセカンド・サマー・オブ・ラブだと発表。

ゴン爺がコーラリアンだと判明。

最終回で一番の驚きです。

他のどんなことより驚きました。

ものすごい影の薄いキャラだったのにこんな伏線があるとは・・・




そして一年後、

アクセルと子供たちがステーキを食べてました。

どうやらちゃんと子供たちを引き取って育ててるようですが肝心の両親が帰ってないようですが。

公園の名前がレントン・サーストン希望の丘になってたり、すっかり英雄のようです。

魂魄ドライブに表示されてたハートマークがそのまま月に焼きついたみたいですし。

変な光線が当たったのはそれだったんですね。

それにしても恥ずかしいなこれ。

そのあとドミニクとアネモネが出てました。

旅を続けてるようですね。

最後にレントンとエウレカ。

山の中で二人でいるみたいです。

ごめんなさい、最終回に言うのもなんですがこいつら何してんですか?

ニルヴァーシュがないから帰るにも帰れないんでしょうか?

それにしても一年後なんですが・・・

最後の最後のイメージボードが帰った場面だったので帰れたようです。


いやー1年間おもしろかったですエウレカセブン。

正直朝の7時台はきついし、最後のほうはくっっさかったので恥ずかしかったですが非常に面白かった。

作品にセンスがありましたし、先が毎週楽しみでしたよ。

個人的にはレントンがゲッコー号から家出したあたりから化けたとおもってます。

そこまでは微妙でしたから。

まあ最終回は無理やりまとめた感がありましたが一年間見てよかったですよ。

ありがとうエウレカセブン!



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/160-aa852f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エウレカセブン EPISODE NO.50 最終話 星に願いを

かけがえのない家族、恋人、仲間 それぞれの守るもののために その運命は二人に託された そして二人が出した答えは 二人を待ち受ける運命は 1年にわたる物語がついに完結

終わった

交響詩篇エウレカセブン49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」50話「星に願いを」ううううう。何と言えばいいかわからないけど。良い。良いい。良いいい。うわわわ。とりあえず電グルが来るとは。今思えば可能性は無いわけじゃないのに全然予想外。名曲だ。デューイの件

交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」 最終話「星に願いを」 感想

最終回スペシャル。

交響詩篇 エウレカセブン 第49&最終話感想

 感想。 アネモネタソカワイイよアネモネタソ。 おしまい。

交響詩篇エウレカセブン「星に願いを」雑記

【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】デューイの罠でこうなった語りかけよう相棒に主人公機は変化する愛する者は花だったキスは1つになるという事ニルヴァーシュは悟りを開く世界は2つに分かれたよ願いましょう、あの星に青と....

  • | 2006-04-02 |
  • ここには全てがあり、おそらく何もない
  • △ Page Top

エウレカセブン 最終回1時間スペシャル

正直、先週で燃え尽きた感があるので、軽めに行きたいと思います。第49話 シャウト・トゥ・ザ・トップ!司令クラスターが破壊されたことで、絶望病の患者が治ったぽい・・けど何

交響詩篇エウレカセブン 最終話

死ぬ運命だったデューイ以外、主要キャラがみんな生き残ったのは、よかった。

交響詩篇エウレカセブン #50星に願いを(終)

レントンは月光号の息子で、3人の子ども達はアクセル・サーストンの孫ひ孫で、アゲハ隊はデューイの子どもで、デューイ亡き今後はユルゲンスの子ども・・・などなど、血縁関係の有無は関係なく人類みな兄弟であり、これは・・・指にまつわる話(お父さん指、お母さん指、お

交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ」&第50話「星に願いを」 感想

いよいよ最終回1時間スペシャル!今は見た直後で作品が良いか悪いかの判断を冷静にすることはできませんが、好きか嫌いかで言えばはっきりと好きと言えます。1年間私を楽しませて

交響詩篇エウレカセブン 第50話(終)

サブタイトル「星に願いを」  新たなレントンの決意と共に生まれ変わるニルヴァーシュ。  レントンはエウレカとこの星を救うことができるのか?  交響詩篇エウレカセブン(1) BLUE MONDAY  以下詳細  ***********

  • | 2006-04-04 |
  • オヤジもハマる☆現代アニメ
  • △ Page Top

エウレカセブン 最終回

最終回なので、せっかくだからリアルタイムで見ました。 主人公サイドで死んだ人もいなかったし、レントンとエウレカも行方不明だけど希望の持てる終わり方だったので、よかったよかったという最終回でした。

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground