--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-08

BLOOD+26話「サヤに従うもの」感想  

第3クールに入ってOPとEDの曲が替わりました。

OPはUVERworldの「「Colors of the Hearts」

今までで一番いいOPですね!

絵は寺田克也っぽい絵で統一して抽象的です。

色鉛筆で描いた感じがよく曲に合っています。

ただキャラがよく分からなかったです。

最後の小夜とか獣化してますよ。


EDはアンジェラ・アキ「This Love」

FF12の主題歌で有名になった人ですな。

しっとりしたバラードでいい感じです。



本編はディーバサイドから。

アンシェルの真意が分からないソロモンと、アンシェルのすることはディーバのためになるというジェイムズ。

ディーバは人形を壊しながら「あの子、会いたいな」とつぶやきます。

あの子って誰ですかね。

花婿のハジが妥当ですか。


昏睡状態だったリクが意識を取り戻した。

起きたとたん小夜に会いたいと言い出す。

明らかにキャラが変わってるよ・・・

ヘタレ(カイ)うざがられてる・・・

弟からも見捨てられたか・・・


ジュリアが研究の鬼っぽくなってる。

「人が人でなくなる瞬間を目撃してるんだもの。」←今週のかっこええセリフ。


研究者にとったらたまらない研究テーマなんだろうな。

コリンズが裏切ったら一緒についていきそう。


小夜に会ったリク狂喜乱舞

何、この甘えっぷり。

昔はおとなしめな子だったのに、活発になりすぎ。

船探検しようとか言い出してる・・・


しかしシュバリエになるのも大変だなあ。

眠れないわ、腹が減らないわ。

三大欲求のうち二つがないってことだもんな。

こういう欲求を満たすことで生きるのが楽しいわけだし。

血は飲めるから食欲はともかく眠れないのは可哀相だ。



そうこうしてるうちにシフ進入。

赤い盾本部の警備員斬りまくり。

ちょww俺飯食ってんだけど!!

胴体ちょん切れてる奴とか心臓串刺しとかいるし。

もう血の量とか6時台じゃないよ。

それにしても相手がシュバリエ並みの翼手とはいえ簡単に本部に侵入さ
れるとかありえない。

すぐに潰れるぞ、この組織・・・

そりゃシフもディーバ狙うよりは小夜狙うわな。



戦闘になってもあいかわらず小夜遅い。

ハジとシフの戦闘に明らかについていけてない。

最終的には一斬ったけど敵しとめたのっていつ振りだ?

ベトナム以来じゃねえか?


戦闘に巻き込まれてリク負傷。

血が欲しくてたまらないご様子。

お前はセラス・ヴィクトリアか!?

シュバリエは傷の再生に血を使ってるんだとか。

そんなリクに自分の血を吸わせるヘタレ。

う~ん気持ちわるかったけどいい話だ。

絶対いろんなとこでネタにされるけど。

先週の暖かい発言はこれだったのか。

あのシーンから見始めた人にはヘタレが襲ってるようにしか見えない・・・


今回のカイは初めて同情できたな。

自分の弟が人間じゃなくなって心配してんのに弟はおねえちゃんに夢中で総無視状態。

マジで可哀相だった。



次回「パリジュテーム」

とうとうパリ突入ですか。

血気盛んなパリっ子に喧嘩して勝ってるカイ。

一応一般人の中だったら強かったんだな。

シフと接触ですか。

このごろコイツ活躍するようになったもんだ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/169-2d8e4083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BLOOD+ 第26話

「サヤに従うもの」カイリクというか、リクカイというか、兄弟が熱かった!今回からOP&EDが一新しました。どちらもなかなか良い感じです。そして、心配されていたソロモ

BLOOD+ (Episode-26 サヤに従うもの)

第3クール突入を告げる新OP&EDがお披露目となりました。OPは『Colors of the Heart (歌:UVERworld)』。 OPのアニメはOVAを思い出させる小夜が印象的でした。

  • | 2006-04-09 |
  • ハリネズミのちょびっとMemo
  • △ Page Top

BLOOD+ 第26話 「小夜に従うもの」

リク「ボク小夜姉ちゃんと会いたいなぁ~。」うるせぇシスコン!ジュリアで我慢しろ!ってか小夜よりジュリアだろ!ちょっと今日は壊れ気味でお送りします。あ、先週分ちゃん

BLOOD+ 26 「サヤに従うもの」

いつも体中ワーオと書くのが楽しみだったんですけども。

サヤに従うもの

変わったOPに一つだけ言いたい。シン・アスカ???ねぇ、あの黒髪の後ろ姿、シンきゅんでしょ?!

BLOOD+ 26話 『サヤに従うもの』 カイ危ないよw

リクとカイの兄弟愛に感動っ!!最近面白くなってきたと感じてしまう『BLOOD+』いってみましょう

  • | 2006-04-09 |
  • 青空のむこう~どらちゃんの恋旅~
  • △ Page Top

BLOOD+ 第26話「サヤに従うもの」!

第26話「サヤに従うもの」 フランス・マルセイユ新港に隣岸する赤い盾本部船。昏睡状態にあったリクは目を覚まし一同は喜ぶが、以前とは違う自分の体にリクは不安を感じていた

サヤに従うもの(本編)

Episode-26:サヤに従うもの(本編)フランス・マルセイユ新港に隣岸する赤い盾本部船。昏睡状態にあったリクは目を覚まし一同は喜ぶが、以前とは違う自分の体にリクは不安を感じていた。そんな弟の姿を見ても、カイはどうすることも出来ない。そんな中、小夜を付

BLOOD+ 第26話

サブタイトル「サヤに従うもの」  次第にシュヴァリエとしての兆候が見え始めたリク。  カイはリクをどのように受け止めるのか?...  BLOOD+(3)  以下詳細  ***********

  • | 2006-04-09 |
  • オヤジもハマる☆現代アニメ
  • △ Page Top

BLOOD+ 第26話『サヤに従うもの』

リクも小夜のシュヴァリエとなってしまい、またハジのライバル(小夜争奪戦の)が増えるのかと思ったら・・・ええええええ!!!!!このアニメってそっちに走るんだ!!??いいのかな、いくら土6とはいえそれは危ないなんじゃないかな!だって・・・カイリク・・・!?明

BLOOD+第26話「サヤに従うもの」

今回から第3クールに突入っ!! OPとEDが変わりました!OPの曲個人的に好きな感じです(笑) 気になるカットもいくつか…目覚めたリク君は?そして再びシフのメンバーが小夜

BLOOD+ 第26話 「サヤに従うもの」

リクはもうこれまでのリクではない。兄であるカイが、その事実を受け入れるより他はない…。というわけで、『BLOOD+』史上最高級のドラマが展開された、今回の話。 ラストシーン、自分の血を分け与えるカイの姿は、非常に感動的でしたね。シュヴァリエの本能から血

第1321回 アニメ BLOOD+Episode-26「サヤに従うもの」

今回はリクが徐々に変貌していく回でした。~あらすじ~フランス・マルセイユ新港に隣岸する赤い盾本部船。昏睡状態にあったリクは目を覚まし一同は喜ぶが、以前とは違う自分の体にリクは不安を感じていた。そんな弟の姿を見ても、カイはどうすることもできない。...

BLOOD+感想:#26 サヤに従うもの

さて、BLOOD+なんだけどね。ぶっちゃけ今日はどうでもいい(マテ何でかというと・・・ファイブスター物語の12巻の早売りをGetしただからですwだって3年くらい待ったんだ

  • | 2006-04-09 |
  • あ~あ、やっちゃった。
  • △ Page Top

(アニメ感想) BLOOD+ 第26話 「サヤに従うもの」

BLOOD+(5)ようやく目覚めたリク。小夜のことが気になって仕方ないようです。ハジがいつも小夜の側についているのは、精神的な繋がりと言うよりも彼女から血をもらったことによる作用の方が大きいようですね。そして、今回はOPが新しくなりました。前回と違いかなり荒々...

  • | 2006-04-09 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
  • △ Page Top

BLOOD+ 第26話「サヤに従うもの」

放送時間枠の変更罠に引っかかって先週見逃したおかげですっかり話のつながりが見えなかった今週。一体どうしてくれようか…先週見逃したながらも久しぶりのつっこみ感想いきますなんかカイが痛々しいよ。 お兄ちゃん…デヴィットじゃないけど現実を認めてください。一生懸

BLOOD+「episode26 サヤに従うもの」

OP&EDがかわりました。あっという間に、第3クールですね!オープニングテーマ:UVERworld「Colors of the Heart」エンディングテーマ:アンジェラ・アキ「This Love」どちらも、今

BLOOD+ 第26話「サヤに従うもの」

OP、EDが新しくなりましたね~。 もう第3クールなのかぁ。早いものです。

TBS「BLOOD+(ブラッドプラス)」第26話:サヤに従うもの

タイトルは「小夜に従うもの」ではなく「サヤに従うもの」。小夜というパーソナリティーにではなく、サヨという存在に従う、シュヴァリエのサガを象徴しているのか。

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground