--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-29

「敷居の住人」感想

敷居の住人 (7) 敷居の住人 (7)
志村 貴子 (2002/08)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る



放浪息子を買って以来、志村先生の作品に大はまりしているこの頃です。実家帰ったときに青い花も買って敷居の住人まで買う始末。誰か俺を止めてくれ・・・

 志村先生が有名になった作品ということで近くの本屋を駈けずり回り、最後の最後でやっと見つけました。全く売ってない!どこ行っても売ってない!!ネットで購入するより自分で買いに行くのが好きなんですが、あまりの少なさに挫折しかけた。もともとBEAMコミックスは種類少ないですけどここまでとは・・・

 んで内容ですが何と言うか、こう表現しにくいというか・・・。放浪息子と同じく主人公達の日常をのほほんと過ごしていくという大きな出来事とかもあんまりない漫画ですよ。主人公の本田君の中3から高校卒業まで周りの女の子に振り回される繰り返し。最後まで大きく成長しない主人公というのも珍しいかも。初めての長期連載だったので内容もまとめきれてないなあ。近藤さんあたりのその後とか読みたかった。

 まあ個人的にはすごいおもしろかったわけですよ。読んでるとぐいぐい引き込まれんです、志村先生の世界に。特に思春期の少年少女の内面をよくここまで書けると関心するばかりです。それは放浪息子でも満載ですね。放浪息子のテーマが若干感情移入しにくいというのもあってこっちのほうがおもしろく感じました。絵やストーリーの作り方は圧倒的に放浪息子のほうが上ですが。

結構意見が分かれそうな漫画ですが俺はオススメです!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/246-e76495bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground