--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-20

「G戦場ヘブンズドア」感想

G戦場ヘヴンズドア 3 (3) G戦場ヘヴンズドア 3 (3)
日本橋 ヨヲコ (2003/09/30)
小学館

この商品の詳細を見る


前回の更新から日本橋ヨヲコに全身はまりまくっており、ヒッキーな俺を遠くの本屋まで走らせてしまったこの作品。
いや走った価値があった。日本橋先生の作品で一番面白いです。
漫画を中心にしてしか生きていけない人たちを描いており、作者いわく「新人でもなくベテランでもない中間にいる時にしか描けない漫画」も納得の内容です。
漫画家が自分達の職業をテーマにして描くって相当難しいものじゃないでしょうか?
戦友である鉄男と町蔵が別々の道を歩いて、最後には手を取り合う。実に王道的な流れであり、打ち切りにならずに綺麗に締めくくってくれまいした。
こういう点では雑誌をIKKIに移したのは正解ですね。月刊で作者の描きたい漫画を優先させてくれる雑誌ですので、ヤンマガ時代より分かりやすく、今までより一般読者を増やしたのでは?
まあIKKI読むのはある程度漫画オタだけだとは思うんですが。
現在連載中の少女ファイトにも関連キャラが出てくるのもいいです。
巻頭にはいつものオサレポエムも健在。
ポエムの通り、少なくとも俺はこの漫画に震えたYO!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/302-9ef07872
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground