--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-12

とある魔術の禁書目録の外伝「とある科学の超電磁砲」1巻感想

とある科学の超電磁砲 1 (1) (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 1 (1) (電撃コミックス)
鎌池 和馬 (2007/11/10)
メディアワークス

この商品の詳細を見る
 俺は「とある魔術の禁書目録」は全く読んでなかったのですが、この方の感想を読んで、興味を持ってしまいました。基本的に電撃作品はあまり好きでなく敬遠するんですが、これは当たりでした。超能力が出てくる作品はたくさんありますが、その能力を使っての戦闘も引き込まれるし、それぞれのキャラクターも個性が出てて良いです。みんな超能力が公然と使われるのは読んでてエム×ゼロ思い出しました。原作ではこの設定に魔術サイドも関わってくるのでどんな世界観になってるのかすごい興味があります。

あと、特筆するなら素晴らしい百合ですね。お嬢様学校の百合。もうこれだけで買っていいんじゃね?美琴と黒子の会話でニヤニヤして十分なんじゃない?て感じです。何言ってんだ俺。

絵が上手いので原作が活きてるような印象です。テンポもいいし、さくさく読めるし、買って損はなかったなあ。今度から電撃大王チェックしようかなあ。あの付録が付いてて縛ってある電撃大王・・

てかAmazonさん、表紙画像が載ってないです。あの表紙載せたかったのに・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/323-7a4c847e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground