--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-07

大学生に読んでもらいたい「神戸在住」

 今現在大学生である自分から見たら、今の大学生は全然マンガを読まないと感じています。
私は大学2年ごろまでジャンプを学内で(安くなるから)買っていましたが、友人はみんな「HUNTER×HUNTERしかおもしろくない」と口を揃えて言っていました。
私の大学の友人がほとんどマンガやアニメ、小説なんかに興味ない人たちばかりだったというのもあったのですが(ゲームはかろうじてやってた、ウイイレとか)、高校は割と話をする人が多かったので温度差が大きく驚いたものです。まあ今のバイト先はオタ度が異常に高くて話をするのに事欠かないのですが・・・


 とにかく今の大学生はマンガを読まない。その原因は世の中に楽しいものが溢れているということだと思います。ファッションに凝りだしたり、バイトに行くのが楽しかったり、サークルに集中したり、大学生になって自由になった分みんないろいろ自分の好きなことに時間を使うようになります。私も大学に入ってから友達の影響でF1、サッカー、フィギュアスケート、観光など趣味が増えましたが(まあスポーツは主にテレビ観戦ですが)、趣味の範囲が広がりました。趣味が増えるということは良いことです。

 それでもマンガオタの自分からしたらやっぱり寂しく感じます。今のジャンプはHUNTER×HUNTERしかおもしろくないよねえとか言われるのはやっぱり納得がいかない。
ONE PIECEやバクマンやネウロだっておもしろい。というかジャンプしか読まれないということ自体が納得できない。

なら、大学生活が取り上げられてるマンガだったら読んでくれるのだろうか。

ということでこの本を紹介します。


神戸在住 10 (10) (アフタヌーンKC)神戸在住 10 (10) (アフタヌーンKC)
(2008/01/23)
木村 紺

商品詳細を見る



月刊アフタヌーンで連載してたこの作品は神戸の美大生の大学生活を温かく描いています。
コマの外にナレーションが付いていて普通のマンガよりは読みにくい、エッセイのような作品です。
恐らくジャンプばかり読んでいる人たちやマンガを読まない人たちには何が面白いんだと思われそうな内容だと思います。
でもこのマンガで流れている空気は大学生の空気そのものです。
大学に行ってくだらない事を喋ったり、サークル行ったり、大学生ならああこんな雰囲気だと共感できる場面が多い。
 こんなたんたんと流れていく日常が大学生活なんだと感じることができる作品だと思います。
作品の中では綺麗な表現や善人が多いのもあるのですが、さりげに主人公の暗黒面やキャラクターの暗い話も混ざっており、現実感があるのではないかと。
世の中にはいろいろなマンガがありますが、こういう読むだけで考えさせてくれるマンガを大学生は知ってほしいです。

 あと、神戸の震災を体験者と傍観者の視点から描いた話はぜひ読んでもらいたい。
自分は傍観者の立場でテレビで見ていても現実感がなくドラマのように思ってしまったのですが、体験者の立場から見た震災は壮絶です。
自分も含め今の若い人は過去の震災や戦争の事を知るべきだと感じました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/365-d1a3b0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground