--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-05

ぽっぴっぽー、あと本の感想

初音ミクをはじめ、VOCALOID関係は苦手だったのに、いつのまにかVOCALOIDO関係の曲しか聴かなくなってた。ニコニコ動画は本当に中毒性がありますね。カラオケに行くと最近の曲が分からなくて困ります。
 


最近はこの曲が頭から離れないです。いや、でもこの曲は教育テレビ辺りで流したらいいと思う。割とガチで。





突発的な感想コーナー。

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
(2006/05/17)
J. K. ローリング

商品詳細を見る


 原作は2年ぶりぐらいに読んで前巻までのストーリーを丸ごと忘れてたので、最後まで思い出せないキャラが何人か・・・
 ハリー・ポッターシリーズは巻を追う事に面白さが増していると思うので次を読むのが楽しみです。西洋ファンタジーは一度読み始めると読むのが止められない作品が多いです。割と海外の作品は苦手なのですが、ファンタジー物はすらすら入り込むことが出来ます。文化が違うから異世界のお話として認識しやすいのかもしれません。
 ただ久しぶりに読んで思ったのがファンタジー色としてよりラブコメ色が強いと感じた6巻でした。ハリーやロン、ハーマイオニーも17歳になってて、そりゃ恋愛もするでしょうが、ジニーのボーイフレンドがどうたらこうたらという話が出てくるとは。自分の中でのジニーって賢者の石のままなんで完全な幼女なんですよ。全部読み終わったらもう一回続けて読み返そうと思います。時間が空くと理解できない部分が多いです。
あと、ハリーがロリに走るとは思いませんでした。いや、年齢的にはそうじゃないのか・・・


遺書―5人の若者が残した最期の言葉 (幻冬舎文庫)遺書―5人の若者が残した最期の言葉 (幻冬舎文庫)
(2004/07)
verb

商品詳細を見る


 この本読んでるだけで「大丈夫?」とか言われそうですが全然そんなことないんで。
内容は5人の自殺した若者が残した遺書と彼らの人生、家族から見た彼、後日談などです。
彼らの残した遺書、自殺するまでに追い詰められた思いがそこに溢れており、それだけで圧倒的でした。文章の専門家でもない彼らの遺書に込められた内容は壮絶であり、凄惨であり、拙くても読者に「死」とは何かを考えさせてくれる力があると思います。

ハリー・ポッターがロリコンとか書いておいて落差が激しくて申し訳ないです。





見つけてしまったので・・・

殺意にあふれるプーチンの画像ください(VIPワイドガイド)
銃持ってる姿が自然すぎるwww


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/377-254b45bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground