--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-08

[読書感想]パソコン触れたからちょっこっと感想 

前のエントリー読み返してみたら誤字が多くて驚いた。あんまり文章の見直しをしない自分が悪いんだけれどもケータイで打つとよくこーなる。昔はよくやってたんだけどなあ。



この1年間は恐らくネットもマンガもあんまりできないので本をめちゃめちゃ読むって前のエントリで書いたので簡単な感想書こうと思いました。自分の1年間の(正確には9ヶ月間だけど)読書量を測りたいのと読んだ本を忘れないように簡単な感想を。このブログ自体が自分のメモみたいになってきたのでご了承を。まあそんなこと書きながらアクセス解析とかチェックしてるんですけどね。
んで冊数も知りたいので番号打ちます。そんで小説とか新書ばっかなんで今までのマンガやアニメとかより暗めのブログになるんでしょう。多分。まあ他のエントリも書きますから小説だけではないですけど。

1 国家の品格 藤原正彦

国家の品格 (新潮新書)国家の品格 (新潮新書)
(2005/11)
藤原 正彦

商品詳細を見る


日本という国には誇るものがたくさんあるんだからもっと誇りをもてよ!というメッセージが込められた本。確かに日本人は日本人でいることをもっと誇るべきだと思う。英語を学ぶことは重要ではあるけれど、その前に自分の国の言葉をしっかりしなくちゃ他の国から馬鹿にされまっせ。大学生で都道府県全部言えない人が多いこと多いこと。

2 日本共産党 筆坂秀世

日本共産党 (新潮新書)日本共産党 (新潮新書)
(2006/04/15)
筆坂 秀世

商品詳細を見る


自分にとっては全く関係のない(当たり前だが)日本共産党。議席数も1桁台だし、議員も志井さんしか分からない。全く知らない自分にとっては勉強になりました。いや戦前からある党って共産党だけって始めて知りました。要するに日本共産党の歴史と問題点を元共産党議員の筆坂さんが教えてくれる本。自分も含めてなんだけどもう少し政治に興味を持とうと思わないとなあ。今の若者。てか俺の周り。

3 花嫁化鳥 寺山修司

花嫁化鳥 (中公文庫)花嫁化鳥 (中公文庫)
(2008/11)
寺山 修司

商品詳細を見る


恥ずかしながら寺山修司って人を最近まで全く知らなかったんです。知ったのは「本屋の森のあかり」ってマンガで取り上げられててこんな作家がいたんだなあと思っていつか読もうと思ってたんですが普通に実家においてありました。wiki見たらどちらかというと俳人らしいですし。
 この作品は寺山さん自身が各地の伝承や噂を取材してそれらを金田一耕介になりきって解決させていくエッセイ集です。発行されたのが昭和52年あたりなので今の日本とは違う世界を楽しむことができました。一言で言うと、「昭和だなあ」って感じ。

4 武田信玄 新田次郎

武田信玄 風の巻 (文春文庫)武田信玄 風の巻 (文春文庫)
(2005/04)
新田 次郎

商品詳細を見る


歴史物は好きで好きでたまらないぐらい好きなんだけど、自分の好きな司馬遼太郎大先生は信玄を主役で扱ってくれませんでした。でも信長、秀吉、家康あたりを主役にすると何かしら武田信玄は関わってくるんです。特に武田軍の強さが描かれるのが三方ヶ原の戦いで徳川家康フルボッコ、その圧倒的な強さは後世の徳川に多大な影響を与えています。まあセンゴクの三方ヶ原の戦いが面白すぎて武田読みてえと思ったら本棚にあったと。そういうことです。でもあんまり新田次郎は自分には合わないかもしれない・・・
ちなみにヤングジャンプで連載してる孤高の人は新田次郎の原作のコミカライズです。この作品はいつか絶対読みます。

5 偽善エコロジー 武田邦彦

 
偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書)偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書)
(2008/05)
武田 邦彦

商品詳細を見る


環境問題は世界的な問題、日本も京都議定書を守ってCo2を減らさなきゃ、でも他の国はあんまり努力してないんだぜ!という普段エコと思ってやってきたことは地球全体からしたらそんなに影響ないですよと教えてくれる本。意外なことが多くて勉強にはなったけど他の国がしてないから日本もしないでいいとは思わないなあ。と環境ビジネス自体があまり好きじゃない自分が書いてみる。


まあこんな感じで時々書きます。一年で100冊読めたら・・・いいなあ・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/385-afe52970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground