--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-02

[読書感想]大体1ヶ月で読んだ本の垂れ流し

パソコンにようやく触れたのはいいんですが、作業が滞りすぎて感想書く時間ないので一言だけの感想にしました。まあ前の感想も感想と言えない程のレベルでしたが。
あとオススメの本はタイトルを赤字にしました。




10 重力ピエロ  伊坂幸太郎

重力ピエロ重力ピエロ
(2003/04)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

映画化されるって聞いて読んでみたら案外面白かった。伊坂幸太郎の作品で初めて読んだのが「グラスホッパー」だったんだけど、それがあまりに趣味に合わなくて苦手意識持ってしまい、全く読もうという気が起こらなかった。1作品だけで作者の評価を決めてしまうのはもったいないです。


11 ゴールデンスランバー  伊坂幸太郎

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


と、上の「重力ピエロ」で書いたけれど、こちらはそこまででもなかったです。個人的には少し長すぎたかなあと。あと100ページぐらい短ければ綺麗にまとまった気がします。
しかし伊坂作品はほとんど仙台が舞台らしいですが、仙台に住んでる人は自分の知ってる場所が出てくるので二重の意味で楽しめそうですね。いいなあ。

12 ソニーの遺伝子 -不可能を可能にした商品開発プロジェクト-  勝見 明

ソニーの遺伝子―不可能を可能にした商品開発プロジェクト (日経ビジネス人文庫)ソニーの遺伝子―不可能を可能にした商品開発プロジェクト (日経ビジネス人文庫)
(2003/11)
勝見 明

商品詳細を見る


ソニーマジはんぱねえ! と思うのですが、著者がソニーを持ち上げすぎな気がしてちょっと。
もうちょっと客観的に書いてくれたら面白かったかも。


13 チルドレン  伊坂幸太郎


チルドレン (講談社文庫)チルドレン (講談社文庫)
(2007/05/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


最近読んだ伊坂作品の中で一番好みでした。5つの短編が時系列は違うけれど繋がってる短編集です。

14 千原ジュニアのシャインになる君へ!

 
千原ジュニアのシャインになる君へ!千原ジュニアのシャインになる君へ!
(2009/02/20)
千原ジュニアのシャインになりたい!編

商品詳細を見る



15 ジョーカー・ゲーム  柳 広司

ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る


一気に読めるミステリー作品。さすが今年の本屋大賞2位の作品です。


16 山椒大夫・阿部一族   森 鴎外

山椒大夫・阿部一族 (1967年) (角川文庫)山椒大夫・阿部一族 (1967年) (角川文庫)
(1967)
森 鴎外

商品詳細を見る


どうも森鴎外の作品が読みにくいんですが、よく考えてみたら明治・大正を生きた人が江戸時代を舞台にする作品を描いてるので現代人が昭和の話をするかのように語られるためってことで違和感がありまくりでした。


17  錆びる心  桐野 夏生

錆びる心 (文春文庫)錆びる心 (文春文庫)
(2000/11)
桐野 夏生

商品詳細を見る


・・・桐野夏生の作品はじわじわくるわあ・・・怖いわあ・・・
中年女性書かせたらピカイチだと思う。


18  リアル鬼ごっこ  山田 悠介


リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)リアル鬼ごっこ (幻冬舎文庫)
(2004/04)
山田 悠介

商品詳細を見る


ブームになった意味がよくわからない。好きな人は好きなんだろう。私は無理です。


19  野村ノート  野村 克也


野村ノート野村ノート
(2005/09)
野村 克也

商品詳細を見る


野球に興味ある人だったらおもしろいと思います。試合後のインタビューでも見方が変わる。


20  あぁ、監督 ――名将、奇将、珍将   野村 克也


あぁ、監督    ――名将、奇将、珍将 (角川oneテーマ21)あぁ、監督 ――名将、奇将、珍将 (角川oneテーマ21)
(2009/02/10)
野村 克也

商品詳細を見る


正直野村監督の本がこんなにハマるとは思わなかった。
でもこの本は昔の監督や選手知ってないと楽しめないかも。


21  悼む人  天童 荒太


悼む人悼む人
(2008/11/27)
天童 荒太

商品詳細を見る


今年の本屋大賞の読んだ作品の中で一番練りこまれてる作品でした。人の生き死にをこういう形の作品にできる力量がすごい。時間はとられたけど感動したと言わざるをえない。


22  ネットワーク思考のすすめ―情報ハイウェイ社会を見通す  逢沢 明


ネットワーク思考のすすめ―情報ハイウェイ社会を見通す (PHP新書)ネットワーク思考のすすめ―情報ハイウェイ社会を見通す (PHP新書)
(1997/02)
逢沢 明

商品詳細を見る


うん、勉強になったけど10年前に読めばよかった。情報インフラは進化のスピードが速いから不慣れな人は付いていくので精一杯です。


23  男の肖像  塩野 七生



男の肖像 (文春文庫)男の肖像 (文春文庫)
(1992/06)
塩野 七生

商品詳細を見る


塩野さんの文章は読みやすくてすらすら読めます。ローマ人の物語もいつか読まなきゃ!

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫
(2002/05)
塩野 七生

商品詳細を見る



24  ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人  森 達也 森巣 博


ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)ご臨終メディア―質問しないマスコミと一人で考えない日本人 (集英社新書)
(2005/10)
森 達也森巣 博

商品詳細を見る


マスコミ問題に興味あるなら楽しめると思います。


25  いますぐ成功しろ! 50のスローガン  ジャスティン・ヘラルド


いますぐ成功しろ! 50のスローガンいますぐ成功しろ! 50のスローガン
(2007/08/15)
ジャスティン・ヘラルド

商品詳細を見る


50の内全てではなくていくつかを決めて実践すればいいと思う。初めから全部やろうとするから失敗するんだろうな。


26  告白  湊 かなえ


告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る


今年の本屋大賞を掻っ攫った堂々の1位です。内容が巧妙というより勢いが凄まじい。一気に読んでしまいました。

27  のぼうの城  和田 竜


のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る


この作品を読んで司馬遼太郎や池波正太朗ような歴史小説は現代のメインではないのだなと感じた。あまりに読やすすぎる。無駄な部分を削りとり、忍城というちょっとマニアックな舞台を取り上げた現代の歴史小説だ。映画化するらしいけど楽しみです。


28  忍びの国  和田 竜


忍びの国忍びの国
(2008/05)
和田 竜

商品詳細を見る


 「のぼうの城」のほうが好みでした。いや織田信雄知ってる人は少ないって。


29  さまよう刃  東野 圭吾


さまよう刃 (角川文庫)さまよう刃 (角川文庫)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


ごめんなさい。東野 圭吾なめてました!めちゃくちゃおもしろかったです。全く救いがない話だけども。


30  チンネの裁き,消えたシュプール  新田 次郎


チンネの裁き,消えたシュプール (新潮文庫 に 2-6)チンネの裁き,消えたシュプール (新潮文庫 に 2-6)
(1979/11)
新田 次郎

商品詳細を見る


山をテーマにした短編集。武田信玄よりおもしろかったような・・・


31  あぁ、阪神タイガース―負ける理由、勝つ理由   野村 克也


 
あぁ、阪神タイガース―負ける理由、勝つ理由 (角川oneテーマ21)あぁ、阪神タイガース―負ける理由、勝つ理由 (角川oneテーマ21)
(2008/02)
野村 克也

商品詳細を見る


野村監督は星野監督までの体制を整えたという話。しかしハズレないです。野村監督。


32  もものかんづめ  さくら ももこ


もものかんづめ (集英社文庫)もものかんづめ (集英社文庫)
(2001/03)
さくら ももこ

商品詳細を見る


エッセイ集です。しかし、実際のじいちゃんは作中のじいちゃんと全然違う性格だったんだなあ。


33  ゲリラの戦争学  松村 劭


ゲリラの戦争学 (文春新書)ゲリラの戦争学 (文春新書)
(2002/06)
松村 劭

商品詳細を見る


ゲリラって今でいうゲリラと違う意味だったのか。知らなかった。


34  日本人の消費行動―官僚主導から消費者主権へ   牧 厚志


日本人の消費行動―官僚主導から消費者主権へ (ちくま新書)日本人の消費行動―官僚主導から消費者主権へ (ちくま新書)
(1998/01)
牧 厚志

商品詳細を見る


・・・正直、あまりに経済を知らない自分が嫌になった。ちょっとがんばろう。


35  ネバーランド   恩田 陸


ネバーランド (集英社文庫)ネバーランド (集英社文庫)
(2003/05)
恩田 陸

商品詳細を見る


初めて恩田陸の作品でおもしろいと思った。少年たちの心の動きが細かく描かれてる。


36  逆説の日本史〈9〉戦国野望編  井沢 元彦


逆説の日本史〈9〉戦国野望編 (小学館文庫)逆説の日本史〈9〉戦国野望編 (小学館文庫)
(2005/05)
井沢 元彦

商品詳細を見る


今この逆説シリーズにめっさハマってます。要するに新聞でも本でもネットでも書いてることを鵜呑みにしないで自分で考えてみないといけないってことです。しかし、この逆説シリーズ、歴史好きには堪らないおもしろさです。しょうしょうくどいけど。


37  シャングリ・ラ  池上 永一


シャングリ・ラシャングリ・ラ
(2005/09/23)
池上 永一

商品詳細を見る


まだアニメもやってるのかな。キャラクターデザインが村田連爾だと聞いて観て見たらhitしたので学校の図書館で借りてきた。いやあ、これは本当におもしろい。今の環境問題を基盤にして話しを膨らましたらこんな世界を創れるのか。炭素経済なんて考えもしなかった。そういえばアニメ1話しか見てないなあ。とにかく本当にオススメです!


38  山月記・李陵  中島 敦


山月記・李陵 (集英社文庫)山月記・李陵 (集英社文庫)
(1993/04)
中島 敦

商品詳細を見る


何個か短編が入ってるけど私はやっぱ山月記が好きです。まだ教科書には載ってるんだろうか。


39  日本にオバマは生まれるか  横江 公美


日本にオバマは生まれるか (PHP新書)日本にオバマは生まれるか (PHP新書)
(2009/02/14)
横江 公美

商品詳細を見る


オバマはすごいけどミシェル夫人の方にアメリカを任せてもいいかもと思ってしまった。日本のニュースだけ見てても分からないことが多い。アメリカという国を理解するためにはキリスト教を理解するとずいぶん楽だと思います。



と、まあ読んだ本貼って書きなぐっただけの記事です。ごめんなさい。
量が多いのでちょびちょび書いてたら1ヶ月ぐらいかかりました。途中で書くのが嫌になる・・・
やっぱり1冊ずつじっくり感想書きたいけど時間がないのが・・・パソコンも1週間ぶりに触ったしなあ。
なんか時々こんな感じで更新すると思います。あんまり感想として読まないことをオススメします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/393-e10d7a64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground