--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-10

功名ヶ辻を見て

日曜に新大河「功名ヶ辻」が始まりました。
個人的には仲間由紀恵より長澤まさみを見たいです。
というか仲間由紀恵が千代役というのはどうかと思ってます。
まあじゃあ誰が適役かというと別にでてこないんですが・・・

地元帰ったときに全巻読んできたんですがおもしろかったです。
信長や秀吉といった有名武将よりマニアックな武将のほうが司馬遼太郎の作品はおもしろいと思っています。特にこの前「夏草の賦」という長曾我部元親が主人公の作品を読んだからある意味続編のような感じで読むことができました。土佐関係の作品も結構好きです。

ドラマの設定がやっぱり小説と違いましたね。
小説では山内家に出入りしている甲賀忍者の六郎太が千代の村の若者になってました。まさか後から忍者になるとか無茶な展開になったらわらえます。香川さんはあってました。
信長役の館さんは老けすぎでしょう。やっぱり信長は若大将ってイメージが。去年の国取り物語の伊藤英明なんかがんばってよかったなあ。
母親が美濃に来ずに死んだりおそらく幼馴染っぽくなりそうな一豊と千代とかかなりシナリオ変わってますね。純愛に行こうとしてますよ。大河にも世間の波が来たか。
シナリオの変更は仕方ないと思いますがやっぱり小説読んでる自分にとってはいじらないでやってほしいなあ。まあそのままだったら大河にするには難しいか。
結構見るつもりですけど今回もいつものように断念すること必至です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/67-00b2d55b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground