--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-15

「馬上少年過ぐ」感想

「馬上少年過ぐ」感想

また司馬遼太郎作品の感想です。
雑誌に載ったの昭和39年とか書いてある。
古いなあ。友達がマニアックとか言うのがちょっと分かった気がする。

短編集なんで一つずつ簡単に。

「英雄児」
長岡藩士、河合継之助の話。
小藩である長岡藩を富国強兵し、洋式武装化を成功させたが幕軍に加担したため不運の死を遂げた人。
司馬先生は「峠」で河合を主人公の話を書いてるのにもう一回書いてるのは思い入れでもあったんだろうか?

「慶応長崎事件」長崎で起こった海援隊隊士のイギリス人水兵殺害事件の話。
アーネスト・サトーの考え方がおもしろい。

「喧嘩草雲」足利藩足軽、田崎草雲の話。
足軽でありながら画家で生計をたてておりついには藩の運命をこの男が握った。画家でありながらここまで藩を動かすというのは珍しい。

「馬上少年過ぐ」
短編集のタイトルの作品。
独眼竜伊達政宗の話。
主に奥羽を切り取り始めたあたりまでしか書いてなかったのがちょっと残念。
関が原とか書いて欲しかったなあ。
長編にすればよかったのに。

「重庵の転々」
土佐に生まれ、南伊予の伊達吉田藩に使え、後に仙台で生涯を終える山田重庵の話。
徳川が天下を平定した後の政治がよく分かる。
政治って難しいなあ。

「城の怪」大阪城に出る物の怪を退治して仕官しようとする男の話。
まあ結末が妥当というかなんというか。

「貂の皮」
近江浪人甚内安治が成り上がっていく話。
静ヶ谷七本槍の一人。
ここら辺の話はあまり読んでなかったのでおもしろかった。

「貂の皮」が個人的には一番面白かったなあ。「英雄児」はもうちょっと長かったほうが良かったけど。全然知らない人ばっかりだけど知らない人のほうが読み応えがあるなあ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blog2221.blog38.fc2.com/tb.php/78-722a468f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground