--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-03

BLOOD+最終話 「ナンクルナイサ」

このごろ止まってたBLOOD+感想ですが、せめて最終話ぐらいは更新しないとかっこつかないなあと。4分の3は感想書いてるんだから途中でだるいからって止めるなんて最低じゃない俺?みたいなね。まあ確かにまとめの感想書いておかないとすっきりしないですし。


というわけで感想。え~と49話で今までの強さは何だったんだとツッコまざるを得ないほどの弱さを見せてくれたディーバの子供を助けるか助けないかで揉めてる小夜とへたれカイ。小夜はディーバを倒し、翼手をなくすために戦っていたので殺さなければいけないんでしょうが、カイは助けてもいいじゃないかと。そいつらも小夜も全部俺が面倒見てやると。へたれのカイがこんなセリフを吐けるキャラになったのがびっくりですがここでディーバの子供殺さなきゃまた翼手にまみれた世界になるんじゃね?また二人の女王が出来るわけだし。まあ最終話で助けないとか酷な選択したらいろんな意味で最悪のアニメですな。

避雷針にいつものハジの役割である串刺しにされて死んだと思われてたアンシェル再登場。口からヤケクソ気味にビームを吐く吐く。口からあーいうの出すのってナッパを思い出します。どうでもいいですね。ハジが小夜の血刀で刺してとどめ。でもついでに腹を貫かれるハジ。まさか最後の最後までやってくれるとは。このアニメのこいつの役割はこれしか考えられない。その後何も描かれてないので死んだかどうか分からないですが生きてるんでしょうね。ちなみに今回の「小夜、生きて」は結構感動した。いいセリフでした。

その後沖縄に帰ってる一同。てか小夜高校戻れるんだな。普通に留年だろ。久々の香里登場で百合満開。なにこれ・・・。赤い盾もみんな沖縄に来てる・・てかジュリア妊娠。視聴者完全おいてきぼりの凄まじい展開だ。いつの間に・・・デヴィットもアロハ着てるし。カイはKOMOROを営業中と。ゆで卵が一番うまい居酒屋って普通に行きたくねえな。みんなで飲んでる最終回っぽい展開で眠りが強くなる小夜。カイに連れて行ってもらって自分が眠ってた場所に行き眠りに着いた。う~ん、てか起きるのは30年後か。でも起きてもやることないのではと思ってしまうがまあいいか。最後の展開的には重いかなあと思ったな。

 まあ1年間もの間の長いアニメでしたので製作陣の方々お疲れ様でした。非常に高い視聴率であった種運命の後釜でしたのでプレッシャーも大きかったんじゃないでしょうかね。予想通り、見事に視聴率を低下させ、異常な量のグロネタでお子様が見れない番組になりました。ぶっちゃけ本当に深夜に行ったほうが良かったと思ってます。(深夜に行った場合4クールもできなかったと思いますが)最後のほうのぐだぐだっぷりや最後の最後まで弱い主人公や子供生んだから血の力が弱まってたっていう明らかに後付としか思えない設定はいろいろ批判はありますがそれまでは良かったんではないかと。個人的には動物園あたりがピークだと思います。ディーバ初登場のあたりですね。小夜の謎が少しずつ解けてくるのはおもしろかった。自分は映画の小夜と同じ小夜と思ってたのでどこでリンクするのかと思ってましたので若干残念ではありますが、まああの絵で土6はきついですね。そりゃお子様も遠慮ですね。しかし、別物で作って正解だったと思います。舞台を早いペースで替えていくのも個人的にはマンネリしてなくて好きでした。初めに行くのがベトナムっていうアニメも少ないですよね。レッツダンス!もありましたしね。ずっと日本にいられるよりはるかにマシでした。後、もう少し戦闘描写が良かったらもっとヒットしたのではと悔やまれます。OPは第3クールが最高でした。演出が音楽と見事にマッチしていて、これアニメの内容忘れてもOPは覚えてるYOって感じです。てか多分そうなる。ちなみに2クールと4クールは何歌ってるかよく分からなかったです。特にジンのほうは。あれは・・なあ?

あと主要キャラで気に入ってたのだけ個別感想。

小夜
主人公。一応主人公兼ヒロイン。自分の血を垂らした日本刀(後にパパブレード)を振り回し、翼手共を血の海に沈め土6のファミリータイムを暗くさせた鮮血のヒロイン。記憶が戻らないときは自分の都合で逃亡したり戦わなかったり、記憶戻っても大して役に立たない素晴らしい主人公。最後まで雑魚翼手にてこずり、いつディーバの強さに追いつくかと思ってたら制作上の理由からディーバにお情けで勝つという最悪の勝ち方をした。ちなみにまともに倒したシュバリエゼロ。シュバリエと戦う時でさえ刀に血を垂らすことをしない。いやそれじゃ翼手は死にませんがな。1年後の少し髪長くなった小夜は良かったと思います。初めはいつまでもセーラー服で戦うのかと思ってた。

ハジ
チェロ持って歩き回る小夜のシュバリエ兼ワールドワイド浮浪者。主人と同じでそんなに強くなく戦いのときに常に串刺しにされる。最終回まで串刺しにされた時はさすがに笑った。べトナムで小夜がバーサーカーになったのはハジの血が原因。翼手化しても羽が生えても強さが変わらない。アンシェルに勝ったのはお上の都合です。

カイ
ヘタレ・オブ・トップ。キング・オブ・トップ。何の戦力にならないのに小夜に憑いてきて常に足手まとい。常に笑いとツッコミを提供してくれた。後でシュバリエになる弟まで役に立たないとは思わなかった。翼手に銃が聞かないのに弾を打ち続けるのとかもう何と言っていいら・・ね?小夜失踪後にどこぞの諜報員みたいになったのは驚いた。でも中身はそんなに変わってない。最後は(てか最初からか?)なんだかんだ言って結構気に入ってたキャラでした。

リク
血+のお姉さま最終兵器。その可愛さに男女問わずファンがいたそうで。途中で小夜に血を吸われてシュバリエ化。ここはこのアニメの名場面の一つだと思う。シュバリエになると兄より調子に乗り出すけど兄より役に立つのでそこまでむかつかなかった。ディーバにレ○プされ、血を吸いだされ死亡。そこは本当に衝撃走りました。

デヴィット
不死身の男。赤い盾の諜報員。いくら怪我を負っても次の週には治ってる奇跡の治癒能力は翼手以上。むしろこいつが化けもの。赤い盾崩壊時のダメ男ぶりはある意味最高。

ジュリア
このアニメのおっぱい担当。このアニメに少ない色気を提供してくれた美人女医。最終回は視聴者の知らない間に妊娠。いろんな意味で衝撃。裏切ったのは自分的には良かった。自分の意思を貫くってのは結構好き。

ディーバ
残虐お姫様。小夜の妹であり翼手の女王。牢獄にいたためか知性が幼くいまだに心は幼児。手下のシュバリエは変態ばかり。絶対に小夜に負けるわけがないのに話の流れで殺された可哀相な人。リクの子供妊娠も凄かった。展開的に。あと時々リクの姿になってたのは気まぐれだそうで。もっと深い意味があるのかと・・・

シュバリエたち
変態。特にカールが変態。レッツダンスは本当に最高。カールが死んだとき全米が泣いた。あの変態ぶりはなかなかお目にかけれない。貴重でした。後はアンシェル=マッドサイエンティスト、ソロモン=ナル、ネイサン=オカマ、黒人=マザコン、後は少女に擬態された方もいましたね。こんなに濃い敵陣は滅多にありませんよ。てか狂ってる。

香里
百合。百合百合。とにかく彼女が出たときだけ空気が変わった。違う路線に走ろうとするキャラ。

ムイ
超薄幸少女。翼手化はあまりにグロすぎると。てかリクが一番トラウマ引きずりそうで可哀相。


とりあえず何か浮かんだキャラだけ。シフには特に思い入れがないです。好きな方はごめんなさい。ルイスとかジョエルも上に同じ。ジョエルはカイに次ぐヘタレ。うん、それだけ。

まあ書ききるだけ書いたんで満足。良いか悪いかは別にして。当分はアニメの感想はしないと思います。てかこんな長いの読む人いるんですかね?




2006-07-29

BLOOD+42話「響く、歌声」感想  

よし!久々に感想書きますよBLOOD+!更新さぼってごめんなさい!!

というわけで今週の感想。本当に42話なのかも憶えてないですが、あてますか?先週の(ちゃんと見てました)ディーバ妊娠で本当にリクとのガキが出来てることにびっくり、この時間帯にこの話をやるスタッフにびっくり、リクの貞操が奪われていたことに哀れ、みたいなね。ディーバの腹の中にも小夜とディーバのような双子がいて二人の女王として生まれると。設定的にはおもしろいけどそれじゃあ人間死んじゃうんじゃね?どうなるんですかね?

そんなディーバの次の獲物はカイ兄ちゃんですか。すごいな、人間外にモテモテ宮城家の男子共。ディーバの中のリクの兄弟愛?みたいなものをディーバが愛情に感じてるとか?
まあシュバリエになったらなったらでおもしろかったけど、取り返しがつかないぐらいのヘタレになるもんな。そういう意味では今週のカイはかっこよかった。誘惑に負けなかったわけだし。それにしてもディーバの求愛ぶりはすさまじいなあ。キャラ違わないですか?

僕らのコリンズ先生がやってくれたよ。いつかこんな役回りになるとは思ってたけどそのまんまとは!優秀とはいえ弟子に嫉妬するのはみっともないな。デヴィットに撃たれて逃げていく様は最高ですな。最後は翼手化されて死にそうな雰囲気。今週の主演男優賞だわ。ちなみに先週のアンシェルがジュリアに言った「君は私と同じ真実の探求者だろう」みたいなセリフに痺れた。あれはいいセリフだわ。アンシェルの中身に大分研究者としての人間が残ってるてのがおもしろかった。
デヴィットが体を張ってジュリアを救ったことによって赤い盾に戻ってくるのかなあ。この人も最後は死にそうな気がします。

軍での公演は翼手の実験だったわけね。お菓子を食って遺伝子的に翼手化しそうな人間だけディーバの歌声に反応するんだろうか?これって世界に翼手を増やす計画なんだったら別にいらない計画な気がする。次の世代の翼手(ディーバの腹の中の子供)もいるわけだし、そんな急に人間という食料を減らす意味ない気がするなあ。どっちにしても減っていくわけだしなんで急ぐんでしょうかね?

それにしても子供が翼手化するのはベトナム以来だったのでえぐかった気がする・・・



次回「こころ乱れて」
なにこのラブコメ化?もうここまできたら小夜とソロモンで子供作ったらいいじゃん。それにしてもソロモンの完全翼手化は酷い。なんであんな落ち武者テイスト?




2006-07-16

BLOOD+40話「シュバリエの見る夢」感想  

見ました。
ディーバ側が主役の今回、ソロモン裏切ったなあ。
ディーバの「道を外れたシュバリエ」ってセリフが印象的。
血を吸われて感じてるネイサンがキモすぎる。
いやだめだろ。落ち着けみんな。6時からの放送なんだぜこのアニメ。
ネイサン血を吸われすぎて死ぬかと思った。ソロモンが死ぬかと思ってたのに。
アンシェルとソロモンの戦い。もう翼手の戦い見てると完全体のARMSが戦ってるようにしか見えない。俺皆川漫画好きだなあ。アンシェルの超能力くさい力にソロモンの剣撃飛ばしてるような能力じゃ相殺なんかしないだろと思うけどそこはご愛嬌か。
ソロモンは元医者か。その設定てあんまり役にたってないな。結局ソロモンの思ってた世界とディーバの思ってた世界が違ってたってことなんだろうな。シュバリエになる前からアンシェルを兄さんって読んでるけど本当にゴールドスミスの血が混じってるのかも。

今回割と画像レベル高かったなあ。前半部分なんか何事?と思ってしまった。いつもこれぐらいキープしてたらいいのにな。


次回「私の居場所」
真央メインか?とうとう小夜からヒロイン奪還のときか!!?
もう終盤になってきたから次回の予告やるキャラが全部死亡フラグに聞こえるのは何故でしょうか?

2006-07-01

BLOOD+38話「決戦の島」感想

先週の感想はいきなり休んでしまったので申し訳ありませんでしたが、一応ちゃんと見てはいました。
変態仮面ことカールの素晴らしい死に際に大爆笑しながら、このごろのBLOODは少々テンション下がってるなあと思いました。
一番気に入らないのがシフどもの露骨な方向転換ですね。
このままではハジが役目を取られそうですよ。まあそれもおもしろいんですが。

そんなわけで一週間ぶりの感想になります。


ディーバがいるというクリスチーナ島に行くための船を捜しているけど誰も貸してくれないハジ。そりゃあんな不自然にチェロ持ってる不審人物は怪しまれて当然だろう。こいつら行方不明だった一年間どうやって生活してたんだろうなあ。

カイや赤い盾を巻き込むのは嫌がってるのに結局ジョエルの用意した船に乗ってしまう小夜。本当に巻き込むのが嫌なら泳いで行ったらいいじゃない。いいんじゃない?むしろサービスシーン増えて喜ばれるんじゃないの?

さも当然のように船に乗り込んでいるシフ三人衆。ハジに続いて第二の犬決定。先にコープスコーズを倒そうとするその献身ぶりは一体なに?岡村がいろいろ探ってきたみたいだけど、真央は何か役に立ってるのか?色仕掛け?

クリスチーナ島に到着したら翼手化ジェームズ登場。この人のマザコンぶりも慣れてきた自分が怖い。変態マザコンゲイに裏切り。ディーバ側のシュバリエ(いろんな意味で)やばいのばっかりですな。

ジェームズの翼手姿ってARMSのマッドハンターに見える。能力的にはドーマウスか?シュバリエの翼手化はみんなARMSに似てる気がします。マッドハンターに似てるなら掌からブリューナクの槍を出せジェームズ!!そういえばシルバーも思いっきり軍人キャラだったな。

相変わらず硬い皮膚を持ってるジェームズに攻撃を加える小夜。何で刀に血を流さないんだろう?ロンドンの雑魚翼手倒すときには血を流してたのにシュバリエ戦で使わないとか。そりゃ斬れませんよ。

シフがいっぱいいっぱいのコープスコーズをチェロケースで頭潰したぜハジ。ちょwwおまwwありえねえ。そんな簡単に殺すのもどうかと思うけど、ほんと時間帯考えろって。小学生は誰も見てないと思うけど。シフの攻撃が当たらないのにヘタレの弾が当たるのもおかしいですがね。そういえば先週初めてカイが敵を仕留めましたね。あまりの笑撃にほんと何かしようと思いましたよ。いや感想すら書かなかったけどさ。

それでコープスをハジが全部倒したんだとか。どうしたハジ?また話の都合で強くなったのか?てか無傷で敵を倒すハジなんかありえねえけどな。まあジェームズに結局貫かれてましたが。ただ敵の生皮剥がすのは放送時間的にヤバイから。また視聴率減っていくでコレ。小夜の刀で切れないのにシフの刀でザクザク斬れるってどうよ?斬りながら信頼を得たんだとか言われてもなあ。この頃はそういうのを露骨に出しすぎて嫌です。

そんなこんなでジェームズ死亡。さようなら軍人。変態に続いてマザコンまでいなくなったら後はゲイで笑うしかないじゃないか!!
シュバリエが二週連続で死ぬのもどうかと思いますが、最終的にはソロモンにやられてるから更に哀れ。完全翼手化は翼手史上最高のブサイクだったのですが人間時の顔と反比例するのでしょうか?

次の舞台はNYですか。確かこのNY編で終わりのはず。もうちょっとで終わりなんですなあ。


次回「魔法の言葉をもう一度」
うん、ヘタレ活躍の予感。



2006-06-17

BLOOD+36話「すれちがう想い」感想

見ました。

酒飲みニート、デヴィットが完全復活。
1年間のブランクとかないのか?
電話に出るときは「俺だ」ですか。
なんか久しぶりで逆に新鮮に感じる。
研究者に変装して研究所に侵入。この人白衣似合うな。
渋い中年臭がぷんぷんするよ。
人間が入った繭みたいなのが初めクラゲと間違えた。中に入ってるのは翼手、もしくはコープス・コーズ?

自信満々で出てきた飴男、ボールペン押し付けられてるのに状況読めてないマヌケさがイカス。
アンシェル相手に交渉とか出来るわりにはこういうことには成長が見られないな。
それにしてもお付きの眼鏡久しぶりに出てきた気がする。アイスランド以来じゃね?

美人女医ジュリア、デヴィットとの再会。落ち着いた再開が大人っぽくていいですね。動揺するカイとレベルが違う。

D塩基にも好みがあるのだとか。成長期の子供には聞こえるって結構聞こえる人多いじゃないですか?とりあえずリクの伏線回収ですな。でもこれだけではリクを選ぶ理由にはならない気がしますが。

ディーバの髪型がよくわからない。
基本がリク髪で長いのはウィッグなのか?
長いときは今までどおりだけど、短いときはリクっぽい。リクの性格みたいなのが出てきてるのかもしれない。
いつかリクの人格出てきて「小夜姉ちゃん」とか言い出すかも。
どちらともの中間みたいな声を出している矢島さんがすごい。

前回マザコン疑惑が濃厚になったジェイムズが翼手化。
てか疑惑じゃなくて完全なマザコンでした。
まだ変態仮面のほうがマシだったな。
なんか言葉も少なめになったし刀受け付けないし。でもしっかりハジの体に風穴空けたから仕事はしたか。
貫かれることに存在意義があるしなハジは。
ジェイムズの体に小夜の刀は効かなかったけど、血を流してなかったように見えたんだけど。
そうだったら斬れないのもしょうがないでしょうが。

へたれんカイが照明打ち落としたけど、あれ6発じゃ落ちないですよ。何回弾リロードしたんだ?多分無限に撃てるんだろうな。だってカイだし。

オカマのネイサン大活躍。オカマキャラによくありがちな実は怖い人。どうやらジェイムズよりは強いようです。
やっぱり生まれた順で強さって決まってるんですかね。
だったらカールは最弱か。
ハジに一方的に求婚状態なネイサン。
ハジの仕事が終わったってのはディーバがリクを選んだからでしょうな。

次回「狂おしいまでに」

やっと死ぬか変態カール!!?
もう次回予告から狂ってるのにタイトルまで気色悪いときたもんだ。
アンシェルが残念とか言ってたし本当にさよならかもな。




Copyright (C) まいなすぷらす. All rights reserved. Template by Underground